コラム

現在、企業では情報漏えいが深刻な問題となっています。
情報漏えい事件が発覚してしまうと、企業の信頼はもちろんブランドイメージは失墜しまいます。
また、経済的にも破綻して倒産してしまうといったケースも出てきます。
企業はたった1回の情報漏えい事件で、非常に大きなダメージを受けてしまいます。
しかし、過去にあった情報漏えい事件を教訓に、それぞれの企業が対策を行っているにもかかわらず情報漏洩事件が後を絶たないのはなぜでしょう。
情報漏えいの原因はハッカーの不正侵入やファイル交換ソフトの使用、サイトへの会員登録、プログラムの脆弱性など様々あります。
ここでは情報漏えいの原因によって適した対処法と予防法をご紹介します。

LINEがあると様々な情報を送受信できて便利です。文字だけでなく画像や動画などあらゆる情報を扱えますが、傍受などによって情報漏洩する危険性もあることを覚えておきましょう。

・・・つづきはこちら

情報漏洩してしまうとかなりに痛手になってしまいますが、実は携帯会社やその他の企業が提供しているWi-Fiスポットも危険です。漏洩するかもしれないという意識を持つことが重要です。

・・・つづきはこちら

USBメモリを使い重要データを保管or持ち出しをしているケースもあります。ウイルスに感染して情報漏洩してしまう可能性もありますし、不注意で漏洩しやすくなるなどの危険性も高いです。

・・・つづきはこちら

情報漏洩がもたらす危険性や影響はとても大きいです。実はスマートフォンのテザリング機能を使った場合、社内のデータをいとも簡単に持ち出すこともできます。防ぐための施策が必要です。

・・・つづきはこちら

スマホ時代ですから、スマホを最大限使いこなすためにもアプリをインストールしていることでしょう。確かに便利ですが、悪意のあるアプリもあるので、情報漏洩の危険性をはらんでいます。

・・・つづきはこちら

ログイン情報(IDやパスワード)の管理をしっかりとすることによって、不正ログインの被害に遭う可能性は低くなります。情報漏洩に繋がりかねない問題なので気を付けましょう。

・・・つづきはこちら

インターネットユーザーが被害に遭うかもしれないものになりすましがあります。この被害に遭うと他人が自分になりすまして、様々な買い物やネット上でいろいろな行動を起こし被害が出ます。

・・・つづきはこちら

個人情報を盗む手口として、懸賞サイトや偽のショッピングサイトがあります。これらは住所や連絡先などの個人情報を収集する目的で不正アクセスの温床となるので会員登録などしてはいけません。

・・・つづきはこちら

IDとパスワードを設定していても管理方法が悪いと意味がありません。氏名などから類推される、簡単な文字の羅列のパスワードを使ったり、IDとパスワードを貼り付けたりするのは厳禁です。

・・・つづきはこちら

プログラムの脆弱性とは、OSやソフトウェアのプログラム上の不具合や欠陥で発生した情報セキュリティ上の欠陥のこと。脆弱性を放置すると不正アクセスやウイルス感染の原因になります。

・・・つづきはこちら

情報漏えい事故の大半が、人的なうっかりミスで、媒体の大半がメールです。情報漏えい事故の大半がメールの誤送信によるものなのでメール誤送信の防止こそが情報漏えい事故防止に最も有効です。

・・・つづきはこちら

ファイル交換ソフトとは、インターネットを介して不特定多数のコンピューター間でファイル共有を可能にするソフトです。ウイルスの感染源になっており情報漏えいの危険性が高いツールです。

・・・つづきはこちら

ファイアウォールは、オープンなインターネットと機密性の高い企業や個人のネットワークを遮断することができます。許可されていないアクセスを遮断するので、不正アクセスを防止できます。

・・・つづきはこちら

セキュリティソフトはウイルス感染防止に高い効果を発揮します。特に有償ソフトはウイルス検知だけでなく悪意のあるソフトの侵入を防ぐこともできるので、情報漏えい防止対策に非常に有効です。

・・・つづきはこちら

システム障害は約4割もの企業が経験しているとされていますが、情報漏洩対策としては優先度は低く見られているようです。システム障害のリスクに対しても十分に対策をしておきましょう。

・・・つづきはこちら

情報漏洩のほとんどは社内の悪意のない人為的ミスとされています。中でも操作ミスは最も多い原因ですから、ケアレスミスは誰にでもあるものとして常に注意を怠らないようにしましょう。

・・・つづきはこちら

スパイウェアはバッググラウンドでパソコン内の情報を勝手に送信してしまう悪質なソフトウェアです。ウイルス検知では見つからず、情報漏洩対策をする上で非常に厄介な存在です。

・・・つづきはこちら

コンピュータウイルスは情報漏洩の原因の一つであり、感染すると甚大な被害になりかねません。システムやデータを破壊するといった直接的な攻撃から単なるイタズラまでその目的は様々です。

・・・つづきはこちら

SSLはインターネット上でやりとりされる情報を暗号化するシステムのことですが、オープンSSLは深刻な脆弱性が発見されました。これにより大きな損失を招いた企業も少なくないようです。

・・・つづきはこちら

フィッシング詐欺は古典的な詐欺ですが、個人間だけでなく企業が狙われるケースは今でも存在しています。危機感の薄れから情報漏洩に繋がらないように、十分な警戒が必要でしょう。

・・・つづきはこちら

諸外国の著名人や政治家の個人情報が列挙されたパナマ文書の情報漏洩は歴史上稀に見る事件となりました。情報漏洩のきっかけは脆弱性を突いたクラッキングと非常にシンプルなものでした。

・・・つづきはこちら

誤廃棄による情報漏洩を防ぐためには、徹底したシステムや管理の見直しが必要です。保管から廃棄までの一連の流れと手順を明確にし、やることをルール化していきましょう。

・・・つづきはこちら

友達との連絡に使用したり、自分のことを表現したりと簡単に使用でき、人々にとって、身近なものになっていますが、乗っ取りによる情報漏洩、プライバシー侵害などの危険が潜んでいます。

・・・つづきはこちら

日本人の半数以上が利用していると言われているSNSは、個人情報だけでなく企業情報などの情報漏洩が危険視されています。個人の意識から改革していくことで、情報漏洩への対策をしましょう。

・・・つづきはこちら

平成28年に導入されたマイナンバー制度は、様々な個人情報を管理する上で便利なものです。しかし、マイナンバーが漏洩してしまうと個人の権利や金融関係に大きな影響が出てしまいます。

・・・つづきはこちら

現在、企業が大きなリスクを負うことになる情報漏洩は、数々起こっています。情報漏洩は、外部からの不正アクセスや、ウィルスの侵入よりも、人的要因が原因で起きている方が多いです。

・・・つづきはこちら

企業では、自社のサーバーに大切な情報を保管している場合が多く、ハッキングの被害に遭うと勝手にデータを改ざんされたり、情報が漏れたりしてしまう危険性があるので、適切な対策が必要です。

・・・つづきはこちら

クラウドサービスは便利な反面、インターネットを経由して行われるため、情報漏洩のリスクが高くなります。クラウドサービスを利用する際には、危険性を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

HPは、企業パンフレット同様の役割を持っているため、潜在的な利害関係者に企業情報を伝えることが可能です。しかし、企業HPの改ざん事件が発生しており、情報漏洩の危険性があります。

・・・つづきはこちら

情報漏洩が発生した場合、様々なコストがかかります。損害賠償や費用損害は企業の規模にもよって異なりますが、合計すると億単位になるでしょう。被害に遭う前の対策が必要です。

・・・つづきはこちら

企業の情報漏洩が発生する原因は様々ですが、違和感に気付くことが大切です。また、不審メールが届いたときに標的型攻撃メールではないかと疑うことができるかなどの感覚が重要になります。

・・・つづきはこちら

情報漏洩が発生する媒体で最も多いと言われているのは、紙媒体であるため、処分方法を徹底しましょう。用紙から情報漏洩が発生しないために、正しい用紙の処分方法を知っておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

複数のパソコンを使用する企業はルーターを設置していることが多いです。便利なルーターですが、サイバー攻撃に遭いやすく情報漏洩が発生する危険性があります。対策方法を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

情報漏洩が発生すると、流出した個人情報が悪用されてしまう危険性があります。流出した個人情報はブラックマーケットで取引されます。常に情報漏洩の危険性があることを意識しましょう。

・・・つづきはこちら

インターネットが普及し、テレワークに対応する企業が増えてきました。今後も普及していくことが期待されます。テレワークによる情報漏洩のリスクと対策について知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

学校では専門家によるセキュリティ対策が行われていないため、パソコンやUSBメモリの紛失により情報漏洩が確認されています。個人情報を守るためにもセキュリティ対策は欠かせません。

・・・つづきはこちら

iv class=”center vm_clear_fix heightLine-group1″>

パスワードは個人情報を守ってくれるものですが、同じパスワードを使いまわしていると情報漏洩のリスクが高まります。ネット上で個人情報が漏れないように、セキュリティ対策を強化しましょう。

・・・つづきはこちら

セキュリティ対策を行う上で、脅威と脆弱性を明確にしなければなりません。個人情報を放置してしまうという脆弱性に対して、情報漏洩という脅威が起こる危険性があります。

・・・つづきはこちら

iv class=”center vm_clear_fix heightLine-group1″>

パソコンが遠隔操作できるソフトは非常に便利ですが、情報漏洩の危険性があります。また、ウィルスに感染したことにより第三者が遠隔操作できるようになり、個人情報が漏れる危険性があります。

・・・つづきはこちら

USBデバイスは、個人情報や企業の機密情報を大量に持ち出すことが可能なので、情報漏洩の危険性があります。セキュリティ対策ツールを利用し、デバイス制御で情報漏洩を防ぎましょう。

・・・つづきはこちら

iv class=”center vm_clear_fix heightLine-group1″>

多くの企業が利用しているメールが情報漏洩のきっかけとなる危険性があります。メールを利用する際は注意が必要です。特に不正メールの添付ファイルの取り扱いに注意しましょう。

・・・つづきはこちら

残存データから情報漏洩の危険性があります。使用していない古いパソコンから情報漏洩したという問題が発生しており、データが完全に削除できていないことがあるため注意しなければなりません。

・・・つづきはこちら