iPhoneによる個人情報漏洩の危険性と回避の方法とは

iPhoneによる個人情報漏洩の危険性と回避の方法とは

iPhoneを利用している人も多くいますが、iPhoneによる個人情報漏洩が近年問題になっています。
どのように個人情報が漏洩してしまうのかを知っておきましょう。
iPhoneによる個人情報漏洩の一つに、iPhoneに設定している自分の名前が誰かに見られてしまうというケースです。
iPhoneには必ず名前がついています。
操作をしていると、名前の表示が出ることがあり、所持者を明確にする目的で、このような機能が搭載されているのですが、場合によっては他人に見られてしまうことがあるのです。
自分では気づかないうちに、他人に名前を知られてしまうため、注意する必要があります。

iPhoneの名前が見られてしまうケースと対処法

iPhoneの名前が他人に見られてしまう状況を知っておきましょう。
まず一つ目が、インターネット共有をオンにしているときです。
テザリングと言われるものになりますが、これはiPhoneの回線を通じて別の端末でインターネット通信を行うことができるサービスになります。
オンにしていると、不特定多数の人からiPhoneに登録されている名前を見ることができるのです。
Wi-Fiをつなぐときに、アクセスポイントが複数表示されるのを見たことがある人もいるでしょう。
そこに個人名でiPhoneが表示されるようになるため、名前が見ることができるのです。
公共の場でテザリング機能を頻繁に利用するという人は、設定の名前を本名ではなく別名にするのが良いでしょう。
次に、AirDropを使うときです。
AirDropとは、iPhoneやその他のiOS端末同士でファイルを送受信することができる機能になります。
これの設定状況によっては、相手から名前を見ることができてしまいます。
AirDropの受信設定を最小限の範囲にしておくことで、相手側に表示されなくなりますので、設定しておきましょう。