OS X 10.12 サーバの設定 「kerberos認証を変更」

OS X 10.12 以降ではクライアントからの認証を自動的にAFP/SMB共に「kerberos認証」としています。
Kerberosではパケットが暗号化されますが、マイウォッチャーでのパケット取得のためにはOSX 10.12サーバー側の設定を変更する必要があります。
下記に設定手順を説明いたします。

ターミナルの起動

アプリケーション> ユーティリティー> ターミナルを起動します。
OS X 10.12 サーバの設定 「kerberos認証を変更」

コマンドを入力

AFP の設定

下記のコマンドをターミナルで入力します。

sudo serveradmin settings afp:authenticationMode = “standard”

OS X 10.12 サーバの設定 「kerberos認証を変更」

SMB の設定

下記のファイルを編集します。
/Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.smb.server.plist
1.「フォルダに移動」でファイルの場所を指定します。
/Library/Preferences/SystemConfiguration/
を入力します。
OS X 10.12 サーバの設定 「kerberos認証を変更」
2.「com.apple.smb.server.plist」ファイルをデスクトップにコピーします。
OS X 10.12 サーバの設定 「kerberos認証を変更」
3.デスクトップにコピーしたファイルをテキストエディタで開きます。
OS X 10.12 サーバの設定 「kerberos認証を変更」
4.テキストエディタで開いたファイルに以下の「2 行」を追加します。
<key>ProtocolVersionMap</key>
<integer>1</integer>
 
ご注意: <dictから</dict>の間に追加してください。
OS X 10.12 サーバの設定 「kerberos認証を変更」
5.デスクトップで編集したファイルを「/Library/Preferences/SystemConfiguration/」に移動し認証して元のファイルを上書きします。
OS X 10.12 サーバの設定 「kerberos認証を変更」

6. 下記のコマンドをターミナルで入力します。

sudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.Kerberos.kdc.plist

マイウォッチャーの監視サーバーを設定

マイウォッチャーの設定マニュアルに従い「マイウォッチャー」の監視サーバー設定とミラーリングハブの設定を行います。