情報漏洩した個人情報が取引されるブラックマーケットとは

サイバー犯罪者の餌食になってしまう

不正に入手した個人情報を売買し、犯罪活動の支援をお金にしているインターネット上の市場がブラックマーケットです。
不正ソフトウェアやフィッシング詐欺で抜き出された情報は、銀行口座番号や有効期間内のクレジットカード情報などです。
流出してしまった情報を削除するのは難しく、何度も転売される場合もあります。
インターネットの普及に伴い、個人情報世界的な流通が行いやすくなり、価値も上がりました。
サイバー犯罪者は組織化しており、知らず知らずのうちに情報漏洩し、多大な被害に遭っている場合もあります。
ブラックマーケットは検索エンジンには引っかかることなく、入手した情報の売買を行っています。
窓口、総括、攻撃、換金といったそれぞれで役割分担されているのも取り締まるのが難しい理由です。
さらに、犯罪者を特定できた場合も、国外にサーバーがあると逮捕するのは困難です。
個人でも企業でも、情報漏洩は一度発生してしまうと、大きな損害を受けるのは間違いありません。
機密情報の取り扱いを万全にし、保管場所の管理やデータベースサーバーのセキュリティ対策も抜かりなく行っていく必要があります。

被害に遭わないようにするためには

情報漏洩した個人情報がブラックマーケットで取引されてしまうと、被害はさらに拡大してしまう恐れがあります。
被害に遭わないようにするためには、まずクレジット番号を安易に入力しないことです。
口座番号や暗証番号を電子メールで問い合わせるのも危険を伴うため、契約時に通知されているURLを入力しましょう。
また、情報漏洩した個人情報がブラックマーケットで取引されることを未然に防ぐことも考えるべきです。
専門会社に依頼すれば、不正ログインに備えることができます。
さらに、セキュリティソフトの選び方やスパイウェア対策も万全です。
費用はかかってしまうものの、万全を期すためにまずは専門会社に相談してみましょう。