学生アルバイトによる情報漏えいの事例とその対策

学生アルバイトによる情報漏洩対策

現在、企業にとって情報漏洩は大きな社会問題になっています。
個人情報保護法や個人の権利が重要視されるなか、業務内でいかに情報を守るかは企業活動の中で欠かすことの出来ないセキュリティ対策です。
学生アルバイトがSNSを通じて社内情報を流出させて情報漏洩してしまうケースは後を絶たず、個人や企業にとって大打撃になっています。
学生アルバイトという軽い認識で、アルバイト先の売り上げが減少したとしても何も影響がないと思っているからこそ、情報管理は個人や企業がルール作りをしないといけません。
研修で学生アルバイトに情報漏洩のリスクを教えるのはもちろん、退職した学生アルバイトに対しては契約書をとっておくのがよいでしょう。
また、何を秘密保持義務の対象とするかの問題もあります。
顧客情報、調理技術、接客ノウハウなどそれぞれの業種によって異なるものです。
学生アルバイトが情報漏洩をさせたものの、個人や企業側にも監督責任があるため、迅速に対応して調査と謝罪をしないといけません。

過去の炎上事例を参考に

学生アルバイトによる情報漏洩によって炎上騒ぎになる可能性は0%ではありません。
万が一の備え、学生アルバイトに情報漏洩により、自身にもどう影響があるのかを教えるのが大切です。
さらに、電話やメールなどによる苦情への対応や炎上マニュアルの作成などの事前の準備をしておくべきです。
もちろん、炎上対策を指南してくれる専門会社への依頼や過去の炎上事例を参考にするのもよいでしょう。
情報漏洩によって失った信用を取り戻すのは簡単ではありません。
学生アルバイトの経歴にも傷がつくことになり、社会的制裁を受けることもあります。
情報漏洩をさせてしまうことによってのメリットは皆無で、大きなデメリットがあることを学生アルバイトに知ってもらうことが肝心です。
インターネット全盛の時代であるからこそ、何気ない投稿内容ひとつにもしっかりと気を配る必要があります。