ホテルへの不正アクセスによる情報漏洩とは

ホテルへの不正アクセスは社会問題

ホテルへの不正アクセスに伴う情報漏洩は今や社会問題になっています。
かつては電話の予約が当たり前であったホテルの予約も、今では予約システムが確立されており、ウェブページでの予約が簡単にできます。
そして、ホテルの予約システムを提供しているのはIT企業です。
このIT企業が提供している予約システムのサーバーに不正アクセスがあり、情報漏洩につながるケースは多くなってきています。
必ずしも情報漏洩が情報の悪用につながるわけではないものの、今後のことを考えると電話番号やアドレスを変えるなどの対応が必要になります。
そのホテルの利用客の個人情報が情報漏洩する可能性は0%ではありません。
今の時代においてはホテルの予約や会員登録などをするにあたって、サイトへのアクセスをして自分で行うのが基本となっています。
システム自体に不備はなくとも、不正アクセスに関しては別問題です。
これは暗号化されているにしても同様です。
管理会社を通じての対応を講じるにしても、被害拡大を防ぐことしかできません。
情報漏洩してしまった情報に関してはもうどうにもできないからこそ、未然に防ぐことを考えるべきです。

専門会社への相談を

ホテルの不正アクセスだけではなく、情報漏洩はいつ何時起こるか分かりません。
そのため、未然に防ぐことを考えるのなら、専門会社に相談するのが望ましいです。
ファイルサーバーのログ監視やクライアントの操作履歴が不可能になり、ファイルサーバー上のログ監視も可能となるシステムもあります。
いくら個人で注意するにしても限界があるもので、専門会社が用意するシステムを有効活用するのはよい方法です。
専門会社に依頼すれば多くのコストがかかると思っている人もいるものの、1カ月数百円程度のコストで済む場合もあります。
利用するかどうかは別として、まずは専門会社に相談をしてみましょう。
ホテルの不正アクセスだけに限らず、情報漏洩をしてしまうことは信用問題にもかかわります。