資料請求で情報漏洩がおこる原因とは

資料請求での情報漏洩について

資料請求のサイトを設けている企業で、収集した個人情報が情報漏洩につながることはあまりよく知られていません。
十分な対策やサーバーの管理をされていないため、情報が知らないうちに漏洩され、責任問題を追及される場合があります。
また、初期に資料請求のサイトを設定したまま、何も外部からのサーバー攻撃やウィルス対策を講じていない、という場合もあるでしょう。
このような脆弱な対策の場合、外部からの攻撃に対して、大変危険な状態であるといえます。
資料請求には、住所や生年月日、電話番号、個人に関する情報を入力して今後の営業のリストとして企業では情報をストックします。
この情報は個人情報に分類され、資料請求された企業では十分に個人情報の管理体制に配慮しなければなりません。
資料請求の情報は企業の財産でもあります。
しかし、情報管理の体制が十分でないと、外部からのサーバーへの攻撃、ウィルスなどの感染によって、流出してしまう危険があります。

なぜ資料請求で情報漏洩が起こってしまうのか

実際に資料請求で登録された情報が流出してしまう原因の多くは、外部からの攻撃ではなく、内部のサーバーの設定ミスや、セキュリティの脆弱性対策の不備が原因となっていることが多くあります。
社内の体制不備が原因で情報流出につながるというものがあります。
社内の情報流出は例えば社員が本来外部に漏らしては行けない情報をSNSなどによって拡散してしまったり、メールの誤送信によって情報が外部に流出してしまったりというものになります。
このように、情報が流出してしまう原因には様々なものがありますが、資料請求で起こる情報漏洩は内部のサーバー設定をしっかりとしなければなりません。
また、外部からの攻撃に対して十分な対策を講じられないと、スパイソフトやウィルスによって、情報を奪われる危険があります。
まだ、現在社内で十分なセキュリティ対策が講じられていない場合、一度プロのコンサルタントや専門業者に相談し、対策を講じることをおすすめします。