情報漏洩で問題なった学校や企業の事例

学校での個人情報の情報漏洩

過去に実際にあった情報漏洩の事例として、とある県立高校にて個人情報が含まれたUSBメモリが紛失した出来事です。
それは学校が所有していたとされるUSBメモリなのですが、原因としては教員が定められた所定の手続きをせずに無断で使用していた事が原因とされます。
紛失が発覚してから全職員で捜索したものの、個人情報が含まれたUSBメモリは見つからず、捜索後の翌日に紛失届けが提出されました。
県が発表した内容によりますと、USBメモリの中には200名を超える生徒の個人情報が含まれていたとされ、全保護者に謝罪の文章を発表し、報告を行っています。
その後に同様の問題が起こらぬ様、再発防止策として物品の適正管理に取り組まれたようです。
このような物理的な情報漏洩の事例は決して少なくありませんが、ネットワークを通じた情報の漏洩にも注意しなければなりません。
重大な事故を起こしてしまう前に、セキュリティ機器販売から効果的な機器を導入し、厳密な情報管理に努めるのが望ましいです。

システム上のトラブルによる企業の情報漏洩

情報漏洩に関する過去のトラブルの事例として、とある企業が運営するサービスにて、一部の利用者に対してほかのユーザーのログイン画面が表示されるというトラブルが発生しました。
同企業によると、原因はサイトリニューアルの際のメンテナンスが影響したとされています。
その後にトラブルは解消されましたが、そのトラブルによって60名少々の利用者のマイペースが他のユーザーに閲覧された可能性があるようです。
個別の利用者に運営側が個別に連絡をするなど、迅速な措置は取られています。
この事例の様に、メンテナンス等に伴い、システム上の不具合が発生してしまう可能性はあります。
セキュリティ機器販売から、より強いセキュリティ性能を持つ製品を導入する事が、特に多くの個人情報を取り扱う運営陣には必要と言えるのではないでしょうか。
情報社会と言われる事もある現代では、セキュリティ機器販売に目を通す事も、万が一に備える意味でも求められる事でしょう。