情報漏洩後の迷惑メールについて

情報漏洩後に届く迷惑メール

情報漏洩後に、迷惑メールが届くことがあります。
社用メールアドレスや私用のスマホなどに、迷惑メールが届いたことがある人も多いのではないでしょうか。
迷惑メールが届く原因は、アドレス収集者が手に入れたメールアドレスリストを迷惑メール送信者に渡し、そのリストに基づいて送信されているからです。
アドレス収集者と送信者が、同一である場合も少なくありません。
迷惑メールが届いたからといって、必ずしも個人情報が第三者から情報漏洩したとは限りません。
辞書などを使ってランダムにメールアドレスを作成したり、ブログや掲示板などから収集したりすることもあります。
悪意のある場合には、ウイルスによる収集や悪意のあるホームページでメールアドレスを収集することが考えられます。
迷惑メールが届くだけでも、大変迷惑なことですが、うっかり添付ファイルを開いてしまったり、メールに記載されているリンクをクリックしてしまったりすると、マルウェア感染やログイン情報の盗難など、情報漏洩の被害に遭ってしまう恐れがあるため、注意しなければなりません。
迷惑メールを見分ける方法を知り、情報漏洩対策をしましょう。

迷惑メールを見分けよう

迷惑メールの特徴は、基本的に広告メールで割引セールなどのタイトルで届くことが多いです。
格安で商品を販売、入手困難なものが手に入るなどの謳い文句で、サイトを開かせようとしてきます。
迷惑メールに添付されているファイルやURLは、偽のショップでクレジットカード情報などを盗み出そうとしてくるのです。
最近の迷惑メールは、件名や差出人によるフィルターが難しくなっています。
そのため、対策をしていてもすり抜けられることも少なくありません。
最終的には利用者の判断が重要です。
迷惑メールの見分け方は、差出人のメールアドレスに不審な点がないかどうかを確認します。
また、メールアドレス以外に、個人が特定できるような情報があるかどうかを確認してください。
宛名がメールアドレスに様がつけられた状態で送られてきたものは、迷惑メールの危険性があります。
個人名やID番号が正しく記載されていれば、正規のメールである可能性が高いです。
迷惑メールを見分けることができない場合があるため、システム的な対策も重要になります。
大きな損害にならないように、セキュリティ対策を強化しましょう。