情報漏洩の原因について

内部要因による情報漏洩

情報漏洩は企業の信用を失い、賠償責任に繋がるなど、大きな影響を及ぼします。
情報漏洩が発生する原因について知り、しっかりと対策をしましょう。
原因には、内部要因と外部要因に分けることができます。
このうち、外部要因による情報漏洩は2割です。
大部分は内部要因になります。
内部要因にも悪意のあるものと、悪意のないものに分けることができます。
悪意のない内部要因とは、従業員などのヒューマンエラーです。
例えば、企業情報の入った電子機器、USBメモリーなどの置き忘れ、紛失、メールの誤操作などの不注意が情報漏洩に繋がってしまう恐れがあります。
近年、悪意のない情報漏洩が多くなっているため、注意してください。
悪意のある内部要因は、従業員が悪意を持って犯罪行為を行うことで、情報漏洩してしまうケースです。
企業内に悪意を持った従業員が存在しており、機密情報や個人情報にアクセスしたり、情報を持ち出したりなど、様々な手法があります。

外部要因による情報漏洩

外部要因も悪意のない場合と悪意のある場合に、分けることができます。
悪意のない外部要因には、業務委託などのパートナー関係にある企業の従業員が起こした過失によって自社にも、情報漏洩の被害を受けるケースです。
悪意のない内部要因と同様に、置き忘れ、紛失、誤操作、管理ミスなどのヒューマンエラーが多い傾向にあります。
悪意のある外部要因には、ハッカーなどによるサイバー攻撃が挙げられます。
セキュリティ対策をしている企業が多いため、情報漏洩全体に対する数は少ないです。
しかし、外部要因による情報漏洩の被害は重大な損害に繋がります。
もう一度、セキュリティ対策を見直してみてはいかがでしょうか。
このように様々な原因がありますが、物理的なセキュリティ対策と人為的ミスを補うシステムが欠かせません。
実際に、顧客情報が人為的ミスと不正サクセスで流出した事例があります。
データの一元管理やサクセス制限、ネットワーク監視とシステムの進化など内部要因、外部要因どちらも対策ができるシステムを導入することが大切です。