社外のネットワーク接続による情報漏洩

社外でパソコンを使用するときは

外出時や出張時には、社外のネットワークを利用することがあります。
ホテルや公衆のWi-Fi、自宅の有線LANを利用して業務をすることがありますが、情報漏洩のリスクがあるため、注意が必要です。
社外のインターネットに接続すると、データを持ち出される危険性があります。
それは、社内ネットワークのゲートウェイで対策されているURLフィルタリングやアクセスログの取得、ウィルス対策がすり抜けられてしまうためです。
社外でパソコンなどを利用することを許可している企業は、情報漏洩対策を徹底しましょう。
社外の無線LANや有線LANを利用するときは、社内ネットワーク以外のネットワークに接続させないように制御することが大切です。
社内にある機器と通信できるかを確認し、通信できない場合は通信を遮断することで、社内以外のネットワーク利用を禁止しましょう。
しかし、どうしても社外で作業をしなければならないケースもあります。
その場合は、VPN接続を強制することでパソコンを社外に持ち出した場合も、社内ネットワークだけを利用させることができるため、情報漏洩を防ぐことが可能です。

セキュリティ対策を強化しよう

USBへのデータ持ち出し制御やアクセスポイント制御などのセキュリティ対策がシステム的に行われていると、データ持ち出しによる情報漏洩の危険性は比較的に低いです。
しかし、会社のパソコンを出張や営業先などで持ち出すと、会社のパソコンをホテルや自宅、外出先の有線LAN、無線LANに繋ぎ、社内のネットワークを経由せずにインターネットに直接アクセスし、簡単にデータが持ち出される危険性があるということを知っておきましょう。
データが持ち出されると、iCloudやDropbox、OneDriveなど無料で利用できるクラウドサービスに、社内の重要データをアップロードされる危険性も考えられます。
社内以外では、パソコンなどのデバイスを使用してはならないといったルールを設けていれば問題ありませんが、企業によっては社外でも作業をしなければ仕事にならないことも少なくありません。
作業効率を落とさずに情報漏洩を防ぐセキュリティ対策を強化しましょう。