情報漏洩を防ぐルールづくり

情報漏洩を防ぐルールをつくろう

情報漏洩対策をしている企業は、セキュリティ対策機器を導入していることが多いでしょう。
しかし、ヒューマンエラーによる情報漏洩が起こる危険性もあるため、社内でルールづくりすることも大切です。
企業を支えている従業員の守秘義務遵守は、情報漏洩を防ぐ根幹をなすものであり、従業員が機密を守ることは当然ですが、暗黙のルールで終わらせてはなりません。
ルールをつくり、明確に指示しましょう。
その際には、何が機密なのかを明示し、どうすれば機密を守れるかの具体的な説明、守れなかった場合の罰則の制定を心がけてください。
定期的に従業員の教育を実施することも大切です。
従業員の教育は、セキュリティ対策が欠かせません。
ウィルスの脅威や、技術的なセキュリティ対策の理解を従業員の教育で深め、実施すると同時に、パスワードの管理などを根付かせましょう。

万が一に備えたルール

従業員が所有しているデバイスの利用に関するルールづくりも必要です。
多くの企業は、スマホやタブレットを業務用途で使用しています。
しかし、従業員の私物であるパソコンやスマホを業務で使用すると、管理が行き届きません。
管理が行き届かないと、セキュリティの確保が難しくなるため、私物のパソコンやスマホ、タブレットの業務利用の可否や、業務利用時のルールをつくっておくことが重要です。
例えば、企業が指定したウィルス対策ソフトをインストールすること、社用メールアドレスで受信したメールを私物のモバイル機器に転送、送信してはならない、業務終了後は企業が指定するツールを用いてデータを完全に消去することなどが挙げられます。
信頼できる外部サービスやセキュリティ対策機器を利用してみても良いでしょう。
既に導入している企業も少なくありませんが、性能だけではなく、信頼性や補償内容もしっかりと判断してください。
いつどこで情報漏洩が発生するかわからないため、万が一のために備えることが大切です。
情報漏洩が発生した際の対応などのルールづくりも必要になるでしょう。
情報漏洩を防ぐための企業としてのルールをつくり、従業員なら誰でも確認できるようにしてください。