パソコン廃棄時の情報漏洩とは

パソコンを処分する際に注意しなければならないこと

企業で使用しなくなったパソコンを処分するとき、データを完全に消去してから処分することが重要です。
消去したつもりでもパソコン内にデータは残っており、そこから情報漏洩する危険性があります。
パソコンには、顧客や従業員の個人情報、メールなどが含まれており、処分方法を見直してみてはいかがでしょうか。
データを消去するとき、ファイルなどをゴミ箱へ移動させているだけでは、すぐに戻せます。
表面上は消去されているように見えますが、パソコン内にデータが残っている状態であるため、復旧ソフトを使えば簡単に復元できてしまうのです。
ハードディスクを初期化した場合も、同様に復元できてしまいます。
パソコン内のデータを完全に消去する方法を知っておきましょう。

パソコン内のデータを完全に消去しよう

パソコン内のデータを完全に消去する方法は、主に3つあります。
1つ目は、専用の消去ソフトを使用することです。
無意味なデータを上書きする専用の消去ソフトがあります。
データを上書きすることで、元のデータを復元できないようしましょう。
2つ目は、消磁装置です。
消磁装置を使用してハードディスクを消磁し、データを完全に消去します。
3つ目は、物理的に壊すことです。
穿孔などの破損を行い、ハードディスクを使えない状態にします。
重要なデータは、必ず事前にバックアップを取っておきましょう。
企業で使用しなくなったパソコンの買い取りや壊れたパソコンにも、情報漏洩のリスクがあります。
壊れたパソコンは、修理して情報を完全に消去してから処分すべきです。
壊れたパソコンを修理する費用が勿体無いと感じる企業もあるでしょう。
しかし、情報漏洩が発生したときの被害に比べると、小さなものです。
不要なパソコンを買い取りに出す場合や下取りをする業者もありますが、その場合も必ずデータを消去してください。
中古のパソコンから情報漏洩し、個人情報が第三者に漏れてしまう危険性があります。
どこから情報が漏れるかわからないため、サイバー攻撃を受けないようにセキュリティ対策を強化することも重要ですが、処分方法も見直してみてはいかがでしょうか。