クレジットカードの情報漏洩

クレジットカード情報が狙われる理由

個人情報を扱っている企業は、情報漏洩を100%防ぐことは難しいです。
しかし、セキュリティ対策を強化し、リスクをできるだけ軽減させることは、とても重要となります。
個人情報が含まれるものには様々なものが挙げられますが、クレジットカード情報を狙う犯罪者も少なくありません。
クレジットカード情報が狙われる理由は3つあります。
1つは、クレジットカード情報を使って詐欺行為を行うためです。
クレジットカード情報を悪用し、買い物をします。
日本だけではなく、海外からクレジットカード情報を盗み、海外で使われる危険性があるのです。
外国人が日本のデータベースなどに侵入し、クレジットカード情報を盗んで利用されたという事例もあります。

セキュリティ対策を見直そう

クレジットカード情報を盗み出して、他の誰かに売却されるケースもあります。
この場合は、10人や20人といった小規模ではなく、数千から数万人の個人情報を盗んで、誰かに売却するのです。
シマンテック社が公表したデータによると、クレジットカード番号などは50件あたり1万円前後で売却されるようです。
また、悪用する目的ではなく、自分の力を見せつけるためにクレジットカード情報を盗んだり、企業への攻撃目的で行ったりするケースがあります。
いつ、どこでクレジットカード情報などの情報漏洩が発生するかわからないため、セキュリティ対策を強化しましょう。
サイバー犯罪者は、メールやWeb経由などの拡散手法を用いて、インターネット利用者のパソコンに不正プログラムを感染させ、クレジットカード情報を盗みます。
企業で使用しているパソコンが不正プログラムに感染すると、企業全体に被害が広がる危険性があるため、感染されないことが重要です。
企業や法人が持っている個人情報を狙うサイバー犯罪者は、後を絶ちません。
中でも、クレジットカード情報を標的とされることが多く、サイバー犯罪者の攻撃手口に騙されないようにする、セキュリティ対策機器を導入してセキュリティを強化するなど、情報漏洩を防ぐ適切な対策を行う必要があります。
セキュリティ対策を見直してみてはいかがでしょうか。