情報漏洩を防ぐ持ち出しの管理とは

持ち出しからの情報漏洩

会社から、電子機器や紙資料の持ち出しを許可している企業も少なくありません。
しかし、持ち出しから情報漏洩の問題に繋がることが多いため、注意する必要があります。
2014年7月に、大手教育関連会社の顧客情報が漏洩した事件が発生しました。
情報漏洩の規模と社会的影響の大きさから、世間に大きな衝撃を与えた事件です。
この情報漏洩の事件が発生した原因は、内部の持ち出しです。
また、同年に某大手メーカーでもデータの不正持ち出しによって、情報漏洩の問題が発生しています。
日本を代表する大手企業では、様々なセキュリティ対策を徹底していますが、それでも情報漏洩が発生する原因は、内部の人間による持ち出しです。
外部からの攻撃を想定したセキュリティ対策を行っている企業は多いですが、持ち出し対策をしていなければ、個人情報が人の手によって外部に持ち出されると情報漏洩の問題は防ぎようがありません。
社外に持ち出されても、情報漏洩を防ぐ対策が不可欠です。

持ち出しされたあとの対策

セキュリティ強化のために、従業員のデータに対するアクセス制限をしてしまうと、作業効率が低下し、業務の生産性が大きく落ちます。
不正な持ち出しを防ぐためには、従業員にデータを扱わせないことしかありませんが、なんのためにシステムを導入しているかわかりません。
持ち出しの制限やルールを設けることも大切ですが、仮に不正な持ち出しがあった場合であっても、そのデータの中身が読み出せないようにすることも大切です。
例えば、ファイルの暗号化です。
重要なファイルには、すべて暗号化を施しておきましょう。
そして、ファイルにアクセス権限を持つ人だけが復号して中身を読めるようにしておきます。
そうすることで、ファイルが不正に持ち出しされてもアクセス権限のない人は暗号化を解くことができないため、情報漏洩を防ぐことができるのです。
また、持ち出しされたファイルがいつ、誰に、どのように使われたのかを追跡でき、リアルタイムで閲覧制限の変更できるなどのシステムを導入することおすすめします。
持ち出し対策をしていない企業は、セキュリティ対策を見直してみてはいかがでしょうか。