情報漏洩における誤操作

情報漏洩の7割はヒューマンエラー

情報漏洩の7割は、誤操作だとされています。
誤操作とは、電子メールやFAXなどの誤操作です。
ヒューマンエラーが原因である情報漏洩問題は、実際に多く発生しています。
外部からの脅威対策を行っていても、内部の人間の不注意や間違い、うっかりミスによって、情報漏洩が発生する危険性があるということを知っておかなければなりません。
情報漏洩は「うっかり」では済まされないため、対策を見直す必要があります。
実際にサーバーやサイトの設定を誤ったことで、本来、第三者が閲覧できるはずのない個人情報が閲覧できる状態になっていた事件が発生しているのです。
また、電子メールの送信ミスによって、個人情報が含まれているメールが関係者以外の人に送信されてしまったといったトラブルも発生しています。
CcとBccを間違えるなど、致命的なミスも後を絶ちません。

誤操作による情報漏洩を防ぐためには

誤操作による情報漏洩を防ぐためには、社内ルールを徹底させる必要があるでしょう。
「ルールを知らなかった」「ルールを守るつもりだったのに実践できなかった」など、様々なパターンがあります。
このような状況を防ぐためには、セキュリティに関するルールを確実に守り、実践される土俵づくりが欠かせません。
例えば、ルールを周知するための教育が必要です。
ルールの存在を知らない従業員が1人でもいると、セキュリティ対策を徹底することはできないでしょう。
どのような状況でどのようなことをするべきなのか、逆にしてはならないことを明確にして、セキュリティに関するルールが従業員全員に行き渡るようにすること大切です。
また、ルールを知っていてもミスを完全に防ぐことは不可能であるため、環境を整備する必要もあるでしょう。
会社以外に個人情報を持ち出さない、メールの送信前に確認をするなどといったルールがあっても、業務量が過剰で自宅に持ち帰らなければ仕事が終わらなかったり、短時間で業務を進めなければなかったり、メール送信前に確認することができないケースもあります。
そのため、ルール通りに業務を進めることができる環境かどうかを考え直す必要があるのです。