スマホによる情報漏洩の危険性

スマホから情報が流出するリスク

スマホでは、電話番号やメールアドレス、ネット上に記録されたIDやパスワードなど様々な情報があります。
スマホは便利なアイテムなので、日常生活に欠かせないという人も少なくありません。
しかし、スマホから情報漏洩が発生する危険性があるため、情報漏洩対策が必要です。
最も多い情報漏洩の原因は、スマホの盗難、紛失によるものでしょう。
小型で持ち運びが簡単なスマホは、パソコンよりも盗難や紛失の危険性が高いです。
多くの企業では、社員一人一人にスマホを配布し、顧客や従業員同士でやりとりを行っていることが多いのではないでしょうか。
スマホ内の重要な情報が流出すると、企業の信頼は一気に失います。
スマホから情報漏洩が発生しないように、対策をしましょう。

スマホの情報漏洩対策

基本的な対策ですが、スマホの画面は必ずロック設定をしましょう。
ロック設定を行っていると、盗難や紛失してしまっても第三者の不正使用を防止することができます。
しかし、ロック設定をする際には予測しにくいパスワードに設定することが大切です。
また、同じパスワードを使いますことも危険であるため、必ず違うパスワードを使用してください。
盗難や紛失だけではなく、企業の内部からスマホを使用して情報漏洩の危険性もあります。
例えば、パソコンにスマホを接続し、充電をしているフリをしてデータを移行しているケースや、Bluetooth機能を利用してデータを転送するなど内部犯行が起きる危険性があるのです。
そのため、スマホを使用している企業は、パソコンにスマホそのものやBluetoothを認識させないようにしましょう。
パソコンに、スマホやBluetoothを認識しない設定にすることで、従業員が使用しているスマホを一台ずつオフにしているかどうか確認しなくて済みます。
他にも、ネットワーク接続も、許可された正規のアクセスポイントを必ず経由させる仕組みをつくりましょう。
パソコンやスマホを社外に持ち出しても、安全なネットワークを経由するため、安心してネットワーク環境を使うことができます。
スマホの情報漏洩対策をもう一度、見直してみてはいかがでしょうか。