情報漏洩を防ぐ災害対策とは

災害による影響について

日本では、東日本大震災など大規模な災害が発生しますが、災害による影響は人だけではなく、企業の情報システムも被害を受けます。
実際に、大規模な災害によりデータ復旧ができないというケースも少なくありません。
いつ発生するかわからない災害に備えて、情報システムを守る対策が必要です。
災害が発生すると、パソコンなどの機器や情報そのもののセキュリティが働かなくなる危険性が高いと言われています。
そのため、災害によって情報漏洩が発生するリスクが高まるのです。
情報漏洩を防ぐために、企業で取り扱っている情報やデータを管理者以外は物理的にアクセスできないよう制限しましょう。
また、情報自体の耐障害性を高めることも必要です。
耐障害性を高めるためには、災害によってパソコンなどの機器が影響を受けてもシステムの機能を維持し続けられるように、常にバックアップを取り、片方が故障しても機器が停止しないようにします。
システムが停止した場合は、できるだけ早くデータ復旧し、サービスを再開させなければなりません。
緊急時ではなく、平常時からバックアップを取っておくことで、迅速なデータ復旧に繋がります。
情報漏洩のリスクを軽減させ、データ復旧ができるように対策をしましょう。

情報漏洩のリスクを最小限にするには

東日本大震災をきっかけに、災害から情報システムを守る重要性が再認識されており、対策の見直しに力を入れる企業が増えてきました。
情報漏洩のリスクをゼロにすることは難しいでしょう。
しかし、対策次第ではリスクを小さくすることができます。
災害対策にもなるデータのバックアップ方法として、マイウォッチャーを導入してみてはいかがでしょうか。
マイウォッチャーはハードウェア、OS、データベースすべて1台で管理することができます。
サーバーは必要ないため初期構築コストや、ランニングコストが削減できます。
企業にセキュリティ対策に詳しい技術者がいない場合も、マイウォッチャーであれば即稼働できるという特徴があるのです。
セキュリティ対策を外部に任せる企業も少なくありませんが、どこから情報が流出するかわかりません。
自社でしっかりと管理ができる対策をとることが大切です。