ヒューマンエラーによる情報漏洩について

ヒューマンエラーによる情報漏洩

多くの企業では、外部からサイバー攻撃を受けないようになど情報漏洩対策をしていますが、外部だけでなく内部からも情報漏洩事故が発生することがあります。
例えば、ヒューマンエラーです。
情報漏洩の原因は、ハッキングなどの外部による個人情報の流出は約2割、残りの8割は内部の不注意によるヒューマンエラーだと言われています。
ヒューマンエラーによって情報漏洩事故が発生すると、損害は企業だけでなく流出させてしまった本人にも大きな影響を与えます。
解雇や罰金、逮捕、裁判など人生が大きく変わってしまうことがあるのです。
一度、流出してしまった情報は、簡単に消去することができません。
また、企業の信頼も簡単には取り戻すことができないため、ヒューマンエラーによる情報漏洩対策をして、未然に防ぐ必要があります。

ヒューマンエラーを防ぐためには

2015年に発生した情報漏洩事故による損害賠償総額は2541億3663万円だと言われており、ほとんどはヒューマンエラーによるものです。
ヒューマンエラーに多いのは、管理ミスや誤操作、紛失、置き忘れによるもので、何気ない行動の中にも情報漏洩のリスクが潜んでいます。
例えば、個人情報が含まれているファイルを暗号化していない、同じパスワードを数ヶ月使用している、パスワードが推測しやすいものになっている、パソコンのロックが未設定、危険なサイトにアクセスしているなどです。
ヒューマンエラーから大規模な情報漏洩事故に繋がることがあるため、対策をしていない企業はすぐに見直す必要があるでしょう。
特に、重要な対策はパソコンのセキュリティ強化です。
多くの企業では、パソコンを使用して業務をしています。
使用頻度が多いからこそ、適切な対策をすることでヒューマンエラーを防ぐことができるのです。
情報漏洩対策として、マイウォッチャーを導入してみてはいかがでしょうか。
マイウォッチャーは、アクセスを制御し、通信による情報漏洩を防ぐことができます。
セキュリティ対策には、費用がかかるイメージがありますが、マイウォッチャーは1台でパソコン100台まで管理することができ、ランニングコストを削減することが可能です。