残存データから情報漏洩するリスク

使用していないパソコンからの情報漏洩

残存データから情報漏洩の危険性があります。
企業ではパソコンを扱って業務をしていることが多いですが、残存データには注意が必要です。
残存データからの情報漏洩は、パソコンの入れ替え時に起こる危険性があります。
実際に、使用していない古いパソコンから情報漏洩したという問題が発生しており、データをすべて消去したつもりでも完全に消えていないことがあるのです。
これからパソコンの入れ替えを行う企業や、使用していない古いパソコンがある場合は、残存データから情報漏洩をしないように適切な処置を行いましょう。
パソコン内にある情報を削除するとき、ゴミ箱に入れて、ゴミ箱を空にする作業を行っている人が多いのではないでしょうか。
しかし、この削除の方法では簡単にデータを復旧されてしまう危険性があります。
また、ハードディスクの初期化も同様に初期化方法によっては完全に削除しきれず、残存データが発生するリスクがあるのです。
残存データから情報漏洩を防ぐためには、削除したデータを復元できないようにセキュリティ対策を行うか、物理的に破壊する必要があります。

残存データからの情報漏洩を防ぐには

使用しないパソコンは、リサイクル業者に引き取ってもらうということもあるでしょう。
このような場合は、あらかじめデータを完全に削除しておく必要があります。
実際に、中古業者が販売したパソコンのハードディスク内に前に使用していたユーザーのデータが残っていたという事件が発生しています。
パソコンを物理的に壊す方法は、自社でできると思いがちですが、ハードディスクはとても頑丈であるため簡単に壊すことができません。
無理に壊そうとすると破片が飛び散り、怪我をする恐れもあるためデータを完全に削除し、アクセスを制御する機械を導入してみてはいかがでしょうか。
マイウォッチャーであれば、データベースやハードウェアからの情報漏洩を防ぐことができます。
物理的に壊すよりも簡単にセキュリティ対策ができるでしょう。
残存データからの情報漏洩を防ぎたいという企業は、マイウォッチャーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。