添付ファイルによる情報漏洩

メールから情報漏洩の危険性がある

多くの企業は、メールを利用して顧客や従業員同士とやりとりを行なっています。
しかし、メールが情報漏洩のきっかけとなる危険性があるため、利用する際は注意が必要です。
個人情報が記載されているメールや、ファイルを誤って違う相手に送信してしまうことも情報漏洩のきっかけとなりますが、不正なメールの添付ファイルからも情報漏洩に繋がることがあります。
実際に、不正なメールの添付ファイルを開いてしまい、不正侵入口をつくってしまったという事例があるのです。
不正侵入口から不正アクセスをされた結果、ファイル共有サーバーに保存してあるファイルを持ち出されました。
このような添付ファイルからの情報漏洩を防ぐためには、メールの発信元は偽装できることや、ほとんどの添付ファイルはマルウェアを含ませることができる脆弱性を持っていること、セキュリティ対策をしていてもウィルスを検知できないことがあるということを知っておきましょう。
どの企業も不正メールの添付ファイルから情報漏洩の危険性があるため、さらにセキュリティ対策を厳重にする必要があります。
また、取り扱いにも注意が必要です。

添付ファイルの取り扱いについて

添付ファイルはとても便利なものですが、取り扱いには注意しましょう。
注意の仕方ですが、まずは添付ファイルの拡張子です。
特定の拡張子のみ受信可能に設定を行い、先方には特定の拡張子でなければメールを受信できないことを伝えておきます。
また、顧客に添付ファイルを送信する際には、誤解を受けないように紛らわしい名前は避けてください。
添付ファイルのサイズも注意しましょう。
大きすぎる添付ファイルは圧縮をするか、分けて送信します。
先方が受信できないこともあるため、あらかじめ受信の可否を確認してください。
重要な内容ではなくても、企業名や個人名は個人情報となります。
そのため、全ての添付ファイルにはパスワードをかけて送りましょう。
パスワードについては、直接伝えるか、後からパスワードだけを記載したメールを送るようにすると送り間違えがあっても、情報漏洩を防ぐことができます。