デバイス制御で情報漏洩を防ぐ

デバイス制御で情報漏洩を防ごう

デバイス制御は、情報漏洩を防ぐことに繋がります。
USBデバイスは、個人情報や企業の機密情報を大量に持ち出すことが可能ですが、誤った管理方法によっても情報漏洩に繋がることがあるのです。
そのため、デバイス制御でセキュリティ対策をして情報漏洩を未然に防ぎましょう。
USBデバイスは、小型で大容量のデータを簡単に持ち運ぶことができるため、利用している人も多いのではないでしょうか。
しかし、デバイス制御を行うと、許可されていないデバイスは接続ができなくなり、不正アクセスを防ぐことができるのです。
アクセスだけでなく、読み込み禁止、書き込み禁止などの設定を行うことができます。
接続されると、管理しているパソコンでどのUSBが接続しているか一覧で表示ができるため、管理者も把握しやすいでしょう。
管理者は設定によって、複数人設定できることもあります。
管理者は許可、停止、読み込み許可などリアルタイムで変更することができるため、簡単に使いこなすことができます。
定期的に確認することで、デバイスからの情報漏洩のリスクを軽減させることができるのではないでしょうか。

セキュリティ対策ツール

デバイス制御ができるセキュリティ対策ツールはたくさんありますが、どのツールを使用すればいいかわからないこともあるでしょう。
セキュリティ対策ツールに悩んでいる企業は、マイウォッチャーがおすすめです。
マイウォッチャーでもUSBメモリ制御が行えるので、情報漏洩を防ぐことができます。
まだデバイスのセキュリティ対策を行っていない企業は、マイウォッチャーの導入を検討しましょう。
サーバーを構築するほど費用はかけられない企業にもおすすめです。
マイウォッチャーは、USBメモリの制御もシリアル番号によるホワイトリストに対応して特定のUSBメモリだけ許可や、接続できないように設定することができます。
USBだけでなく、フロッピーやDVD、CD、外部ストレージなどのデバイス制御も可能です。
1台で100台の管理ができます。
導入方法も簡単なので、マイウォッチャーでセキュリティ対策を行いましょう。