学校の情報漏洩が多い原因

情報漏洩の危険性

学校でも情報漏洩の危険性があります。
実際に学校でパソコンやUSBメモリの紛失により情報漏洩が起きているため、セキュリティ対策は欠かせません。
学校は、一般企業よりもセキュリティ対策が遅れていることや、専門家がいないため情報漏洩しやすいです。
企業であれば、顧客情報を扱うためセキュリティレベルを維持しなければ、万が一情報漏洩が発生したときに企業としての信用を失うだけでなく、賠償金を請求されることがあります。
そのような事態が起きれば、企業そのものの存続に関わるでしょう。
しかし、学校ではそこまで意識していないことが多いです。
また、情報システム部門など設けている企業が多く、学校ではセキュリティ対策の専門家がいません。
多くの学校では、パソコンに詳しい先生が対応しているのではないでしょうか。
専門家による具体的なセキュリティ対策が行われていないため、パソコンやUSBメモリを紛失してしまうといった初歩的なミスが多発する恐れがあります。

学校でもセキュリティ対策が必要

学校では、生徒や教員の個人情報を抱えています。
生徒の個人情報が漏洩すると、その生徒の保護者まで情報漏洩に繋がってしまうことも少なくありません。
そのため、学校でも厳重なセキュリティ対策が必要になります。
実際に、大阪の中学で在学している生徒と、卒業生の個人情報が入っているUSBメモリが紛失したことや、佐賀県の学校ではセキュリティ対策を厳重に行っていなかったために、ネットワークが不正アクセスを受け、1万人以上の個人情報が漏洩されました。
また、名古屋大学ではインターネット上で個人情報が自由に観覧できる状態になっていたのです。
学校内で個人情報を管理し、セキュリティ対策を厳重に行うとなると、教職員に負担がかかります。
学校でセキュリティ対策を行う場合は、マイウォッチャーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。
マイウォッチャーは、USBメモリ制御や情報管理を行います。
アクセスを制御することができるため、情報漏洩を防ぐことが可能です。