テレワークによる情報漏洩のリスクと対策

テレワークの普及

インターネットが普及し、会社に出社しなくても自宅などで業務ができるテレワークに対応する企業が増えています。
出社時間や業務時間、働く場所に決まりがないテレワークは、効率的に仕事を進めることが可能です。
子育ての合間に仕事をすることができるため、今後もテレワークの普及はさらに加速していくでしょう。
しかし、テレワークが普及したことによって、情報漏洩のリスクが高まりました。
テレワークによる情報漏洩のリスクと、対策について知っておきましょう。
テレワークをしている人の多くは、スマートデバイスやタブレットなどを持ち歩いているため、盗難や紛失のリスクがあります。
また、カフェなどの無料で使用できるWi-Fiから情報漏洩の危険性もあるのです。
公衆無線LANに接続したままインターネット上で個人情報を入力すると、入力した内容が盗まれ、不正アクセスされるかもしれません。
カフェで仕事をする人を見かけますが、画面に集中していると覗き見に気付くのも難しいでしょう。
IDやパスワードを入力していると、周囲の人が個人情報を覗き見している危険性があります。

情報漏洩の対策について

スマートデバイスの盗難、紛失の対策については、パスコードロックが欠かせません。
スマートフォンにパスコードを設定している人が多いですが、それと同様にタブレットなどにもパスコードを設定し、外部から端末内の情報を削除できるようにしておきましょう。
公共Wi-Fiから個人情報の流出を防ぐ対策は、使用しないことが一番です。
公共の場で個人情報を扱う業務をする場合は、自分のスマートフォンやポケットWi-Fiを使用しましょう。
どうしても公共のWi-Fiを使用しなければならないときは、インターネットVPNなどの暗号化通信を行ってください。
パソコンの覗き見による情報漏洩の対策は、覗き見防止フィルターなどのアイテムを使用すると良いでしょう。
できるだけ、カフェなどでは個人情報を入力しないことをおすすめします。
リスクを理解し、情報漏洩の対策をすることが大切なことではないでしょうか。