情報漏洩にルーターが狙われる理由とは

サイバー攻撃に狙われる

ルーターはネットワークを中継し、分岐することができるため、複数のパソコンを使用する企業は、社内に設置していることがほとんどでしょう。
非常に便利な機器ですが、最近ではルーターを狙うササイバー攻撃が増加しており、ルーターから情報漏洩する危険性があるため注意しなければなりません。
ルーターがサイバー攻撃に遭うと、マルウェアに感染や、他の攻撃の踏み台として悪用されるケースがあります。
ルーター製品には様々な種類がありますが、手頃な価格で手に入る、簡単に設置することができるものが多いです。
Wi-Fi機能が搭載しているルーターは、ネットワークに接続することで設定が自動で行われます。
ルーターには管理機能が搭載されており、webブラウザからIDとパスワードを入力すれば簡単に接続することが可能です。
通常、デフォルト設定が初めから決まっています。
デフォルト設定のまま使用し続けていると、情報を知っている第三者が管理画面にログインできてしまうのです。
ルーターの設定を変更されてしまうと、情報漏洩のリスクが高まります。

ルーターからの情報漏洩を防ぐ方法

ルーターからの情報漏洩を防ぐためには、IDとパスワードはデフォルトのままではなく、変更することが大切です。
また、ファームウェアの自動更新機能が搭載しているルーターは有効にしてください。
搭載していない場合は、定期的に更新を確認しましょう。
更新情報の確認は、メーカーのwebサイトで行います。
アクセス制御機能があるルーターは、利用できる機器を限定することも情報漏洩を防ぐ対策の1つです。
利用できる機器を制限すると、登録されていないパソコンからのアクセスを遮断することができます。
ルーターのセキュリティ対策は見落としがちです。
簡単で便利だからこそ、サイバー攻撃に遭いやすいため注意しましょう。
企業から個人情報漏洩が発生すると、大きな損害を受けます。
ルーターの設定変更だけではなく、情報漏洩に備えて対策を行うことが大切です。