用紙による情報漏洩を防ぐ方法

用紙から情報漏洩

情報漏洩の危険性は常にあります。
ネット上で個人情報漏洩が発生したケースが話題になることが多いですが、ネット上だけでなく、用紙による情報漏洩も多く発生しているのです。
情報漏洩が発生する媒体で最も多いと言われているのは、紙媒体であるため、用紙にも注意しなければなりません。
用紙を処分する際は、情報漏洩をさせないために徹底する必要があります。
実際に、あるホテルで用紙から情報漏洩が発生しました。
保管期限が過ぎている会員登録用紙を一般廃棄物として処分してしまったことが原因です。
被害者はいませんでしたが、企業の信頼度が下がるでしょう。
用紙から情報漏洩が発生しないために、正しい用紙の処分方法を知っておくことが大切です。

用紙の処分方法

用紙の処分方法は様々ですが、それぞれメリットとデメリットがあるため、使用用途に合わせて正しい方法を選択してください。
用紙処分方法の1つに、個人情報保護スタンプがあります。
個人情報が記載されてある箇所に、ランダムに文字列が並んであるスタンプを押すと、文字が読めなくなるスタンプです。
メリットは、安さとコンパクトさではないでしょうか。
持ち運びができるため、手軽に個人情報を保護することができます。
しかし、消さなければならない箇所がたくさんある場合はスタンプだけで隠すのが大変です。
他にも、用紙を細かく切ることができるシュレッダーハサミも処分方法の1つです。
メリットは、シュレッダー同等の機密性があり、価格も安いことでしょう。
デメリットは、大量の用紙は切ることができないことです。
4枚以上になると切りにくく、時間がかかるため、電動式シュレッダーが処分方法の定番ではないでしょうか。
一度に複数枚の用紙を細かく切ることができ、機密性が高いです。
しかし、作動中は音がうるさいといったデメリットがあります。
様々な用紙の処分方法がありますが、どのようなアイテムを使用しても人の単純なミスで情報漏洩の危険性があるため、大切な情報はネット上で管理し、対策を行いましょう。