便利なクラウドサービスには情報漏洩の危険性がある?

クラウドサービスとは

現在では、インターネットの普及により、パソコンだけではなく、スマホでも気軽に楽しむことができます。
インターネットが身近になり、便利になったものの、様々な問題も多く発生しているのです。
その一つに、情報漏洩があります。
クラウドサービスとは、インターネット経由でソフトウェアやデータを利用する方法のことです。
インターネットがつながる環境であれば、どこからでも利用することができるので、企業などではコスト削減につながり、状況に応じてシステムを柔軟に変更できるというメリットがあります。
また、万が一社内で失った情報も、データがクラウドサービスに保管されていれば、失わずに済む便利なサービスです。
しかし、便利な反面、データがクラウドサービス事業者のサーバーに保管してある上、インターネットを経由して行われるため、外部からの不正アクセスのリスクが高くなります。
クラウドサービスを利用する際には、どのような危険性があるのかを知っておきましょう。

クラウドサービスで考えられる危険性

企業にとってクラウドサービスは、便利でコスト削減になるサービスですが、情報漏洩のリスクについて理解する必要があるでしょう。
クラウドサービスは、一般的に3つの種類に分けられ、一つ目は、電子メールやWEB会議システムなどのソフトウェアを提供するSaaSです。
二つ目は、SaaSの実行基盤となるインターネットを経由して、アプリケーション実行用のプラットフォームを提供するPaaS、三つ目はインターネット経由で、ハードウェアやインフラ機能の提供を行うIaaSになります。
これらの利用しているクラウドサービスが、ウィルス感染などによって、IDやパスワードが流出した場合には、第三者による不正アクセスや情報漏洩の危険が伴うのです。
クラウドサービスを利用する際には、契約する事業者のセキュリティ対策や徹底した管理が行われているかを確認して、信用できる事業者と契約する必要があります。