情報漏洩を防ぐハッキング対策について

ハッキングについて

インターネットの普及により、気軽に必要な情報を得ることが可能となりましたが、様々な問題も発生しています。
ハッキングと言う言葉を、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
ハッキングとは、第三者が不正にアクセスすることで、勝手にアカウントに入りこみ、データを盗み出したり、プログラムを書き換えたりする事です。
また、悪意のあるコードをサイトに挿入し、パソコン自体の使用をできなくする事もあります。
ハッキング行為を行う人を、ハッカーと呼び、ハッカーによる企業の情報漏洩による被害は、数多く起こっています。
元々ハッキングとは、高度な技術でシステム分析を行い、プログラムを修正することを意味していましたが、現在ハッキングと言えば、不正にパソコンを利用する行為を指すのが一般的です。
ハッキングによる情報漏洩の被害に遭わないためにも、対策を知って、大切な情報やデータを守るようにしましょう。

ハッキング対策を知っておこう

企業では、自社のサーバーに大切な情報を保管している場合が多いですが、ハッキングの被害に遭うと、勝手にデータを改ざんされたり、情報が漏れたりしてしまう危険性があるので、適切な対策が必要です。
対策の一つは、サーバー設定の見直しです。
遠隔操作ができるTelnetサービスは、パソコンを使って遠隔操作が可能なため、必要でなければ無効にすると良いでしょう。
他にも、ファイル転送に利用されるFTPサービスも、制限をして利用する方が安心です。
また、サイトに悪質あるいは疑わしいコードやアクティビティがないかを検出し、サイトを定期的にスキャンするのも、有効な対策となります。
ハッキングは、被害に遭ってもすぐに気づくことができず、大きな被害になってから気づくこともあります。
情報漏洩などの被害が大きい場合には、企業の損害や業績、信頼性にも影響するため、日頃からのハッキング対策は重要です。