企業にとっての情報漏洩リスク

どこでも起こりえる情報漏洩の原因とは

インターネットの進化と普及により、多くの情報がデータ化され、管理や情報共有がしやすく便利になりました。
現在のネット社会では、インターネットを使用せず、ビジネスを行うのは難しいでしょう。
企業にとってもインターネットの普及は、情報交換や手続きなど、今まで時間がかかった作業も、スムーズに行うことができるため、効率が上がり多くのメリットがあります。
しかし、気軽に大量の情報を扱えるようになった反面、企業は十分なセキュリティー対策や、情報の管理体制をしっかり行っていないと、情報漏洩やハッキングの被害に遭い、企業運営の根幹を揺るがす事態になりかねません。
情報漏洩の原因の8割は、誤操作や管理不備と言われています。
大切な情報を守るためには、情報漏洩のリスクを知って、適切な対策をする必要があるでしょう。

実際におきた情報漏洩からリスクを知っておこう

現在、企業が大きなリスクを負うことになる情報漏洩は、数々起こっています。
情報漏洩は、外部からの不正アクセスや、ウィルスの侵入よりも、人的要因が原因で起きている方が多いのです。
以前、実際に起こった情報漏洩の中には、従業員がデータの不正コピーを行い、名簿業者へ販売や転売を行っていたり、ウェブサーバーの設定ミスが原因で、顧客名簿がインターネット上に漏洩され、誰でも閲覧可能な状態になったりしたものがあります。
これらの情報漏洩は、管理ミスや操作ミスの他、人的要因によるもので、管理体制を改める必要があるでしょう。
また、最近ではウィルスメールよって、ウェブサイトを不正に改ざんし、情報が漏れてしまったケースも増えています。
情報漏洩は企業にとって信頼も失い、被害も大きく、再び信頼を取り戻すためには、時間や労力が必要です。
情報漏洩の被害に遭わないためには、日頃から管理体制を徹底して行い、セキュリティソフトの導入など、適切な対策をすることが重要になります。