情報漏洩における乗っ取りについて

SNSの乗っ取りによる情報漏洩

現在、世界中の人々が利用しているサービスにSNSがあり、LINEをはじめ、Facebook、Twitterなど様々です。
友達との連絡に使用したり、自分のことを表現したりととても簡単に使用でき、人々にとって、身近なものになっていますが、乗っ取りによる情報漏洩、プライバシー侵害などの危険が潜んでいます。
SNSにおける情報漏洩は、ハッカーによるサイバー攻撃や、内部不正の公開といった特殊技術なものとは違い、そのような技術がなくても、簡単に個人情報や機密情報が流出してしまうでしょう。
そして、SNSが抱える問題の1つに、アカウントの乗っ取りがあります。
知人や家族だと思っていた相手が、実は乗っ取られたアカウントだったというケースなど、知らないうちに詐欺の被害に遭ってしまう危険性高いです。
また、SNSで連絡を取り合う相手が、個人情報やパスワードをしつこく聞いてきたり、いつもと様子が違ったりすることがあれば、アカウント乗っ取りを警戒した方が良いでしょう。

SNSを乗っ取られないために

自分のSNSが不正ログインされ、乗っ取られてしまうのを防ぐために、IDやパスワードを簡単でわかりやすいものにしないことが重要です。
面倒だからといって、誰でも簡単に思いつく数字の羅列にしたり、パスワードを短くて単調なものに設定したりせず、できる限りわかりにくいものが良いでしょう。
さらに、個別のパスワードを設定し、数字、アルファベット、記号を使用し、長いパスワードにすることで、被害のリスクを抑えることができます。
また、最近では「リストアカウント攻撃」というものが増えており、どこかのオンラインサービスから流出したIDとパスワードを、ほかのオンラインサービスで試みることです。
もし、同じIDとパスワードを利用していた場合、複数のサービスが乗っ取られてしまい、被害がとても大きくなってしまいます。
そのためにも、サービスごとにIDとパスワードを違うものに設定することが重要です。