企業の情報漏洩を狙うフィッシング詐欺

フィッシング詐欺は過去のものではない

消費者の興味を引く文面や緊急性を装ったメールを送信し、偽のサイトに誘導させてIDとパスワードを得るフィッシング詐欺は有名です。
個人規模の情報漏洩の話になれば今でも必ずといって良いほど出てくるワードでしょう。
しかしフィッシング詐欺は必ずしも個人の問題とは言い難い部分があります。
フィッシング詐欺は業務でインターネットを使用する人ならば誰もが知っているといっても過言ではないほど古典的な詐欺として知られていますが、依然として企業を標的としたフィッシング詐欺は存在しています。
外部からの攻撃による情報漏洩について注目されやすいのは新手のウイルスやスパイウェアであり、フィッシング詐欺について改めて関心を持ちにくくなっているようです。
フィッシング詐欺を働く犯罪者はこの危機感の薄れを巧みに利用しているのでしょう。
仕事でインターネットを使用する際にもフィッシング詐欺には十分警戒が必要です。

フィッシング詐欺で情報漏洩したらどうなるか

フィッシング詐欺は初めから悪意を持って企業の持つ個人情報を盗み取ろうとしています。
たとえば、企業間の送金を行う際にネットバンキングやクレジットカードの情報を入力することがあるでしょう。
フィッシングサイトを利用してこれらのIDやパスワードを盗み取られてしまえば、会社のお金もごっそり盗まれてしまう可能性もあります。
また、顧客の個人情報をインターネット上でやりとりしていたり、ネット上のサービスを利用して管理していたりした場合、フィッシングサイトであることに気づかずに打ち込んでしまえば顧客の情報漏洩にも繋がります。
企業を狙うフィッシング詐欺のメールは、取引先や付き合いのある企業などを装い、いかにも本物らしく送られてきます。
メールに貼られたリンクはクリックしない、怪しいと思ったら相手に確認するなどして情報漏洩を防ぐ意識を高めましょう。
セキュリティソフトの導入や特定の人以外からのメールは受信しない設定にするといった対策も有効です。