情報漏洩を招く恐れのあるスパイウェア対策

ウイルスより恐ろしいスパイウェア

スパイウェアを簡単に説明すると、自分が気づかないうちにパソコンの情報を外部に送信してしまうソフトウェアのことです。
もちろん、パソコン内の個人情報もスパイウェアによって外部に送信させられる可能性もあります。
スパイウェアがコンピュータウイルスよりも恐ろしいとされる原因は、ウイルス対策ソフトでは検知できない点にあります。
スパイウェアはそれだと気づかれないように正規のルートでダウンロードさせるのです。
最近のウイルス対策ソフトの中にはスパイウェアを検出する機能を持っているものもありますが、ウイルスを検知する方法とは別の方法で探し出しているようです。
また、スパイウェアはバッググラウンドで働くため、稼働していると気づかないうちに情報漏洩しつづけているという恐れもあります。

スパイウェアの対策

過去にキーボードで入力した内容を外部にメールで送ってしまうというスパイウェアがインターネットカフェのパソコンに仕掛けられたことがありました。
そのパソコンでインターネットバンキングにログインしたり、クレジットカードでネットショッピングをしたりした利用者は、口座の情報やクレジットの情報を盗み出される被害に遭いました。
このスパイウェアはキーボードの入力情報を検知するため、いくら情報漏洩に気を遣って通信を暗号化していても無意味ということになります。
この事例は企業対消費者ですが、もしこのパソコンを仕事で利用していたらどうでしょうか?
不特定多数が使用するパソコンには何が仕掛けられているのか分かりません。
信用できるパソコン以外では仕事をしない、これはスパイウェアによる情報漏洩対策の鉄則です。
また、スパイウェア駆除ツールを導入することも、個人情報を取り扱うウェブサイトを運営している企業には必須といえるでしょう。
ただし、スパイウェア駆除ツールでは新手のプログラムは防げませんので、常に最新の状態にアップグレードしておくことも忘れないで下さい。