クラウドサービスから起こる情報漏洩の危険性とは

便利だけど危険な部分もある

クラウドサービスはとても便利であるため、活用している企業も多いのではないでしょうか。
これは、インターネットを経由してソフトウェアやデータが利用できるもので、これまでは手元のコンピュータ上でデータを扱うのが一般的でしたが、ネットワーク技術の進化によってとても便利になりました。
文書だけでなく写真や音楽などのデータもインターネット常に保存することができ、どのパソコンからでも引き出して使うことができます。
また、手元にあるパソコンにソフトウェアがインストールされていない状態でもウェブにつながれば作業できるのです。
これを使えば、業務効率も上がるでしょう。
柔軟にシステムも変更ができ、天災や停電が起きたときもサービスの事業者側が責任を持ってくれるため社内でバックアップをするなどの取り組みも必要ありません。
しかし、気をつけなければならないことがあります。
それは、情報漏洩です。
クラウドサービスから情報漏洩が発生する危険性があるため、対策が欠かせません。

契約先は慎重に選ぼう

クラウドサービスからの情報漏洩は自社のネットワーク上で対策するよりも意識しなければなりません。
データはサービスを提供している事業者のサーバーに保管されており、ウェブを活用して利用するものであるため悪意のある第三者からの不正アクセスのリスクが高くなるのです。
社内でデータを保管するよりも損失などに対するセキュリティ対策には有効な面もありますが、利用するサービスそのものの信用性が低いと危険です。
そのため、契約先を選ぶ際は情報漏洩のリスクも考えてセキュリティ対策が十分に行われているところを選ぶ必要があります。
HPなどでどのような取り組みを行っているのか記載がなければお問い合わせ時に尋ねてみましょう。
面倒に感じるかもしれませんが、リスクを低くするためにも欠かせません。
リスクを低くする取り組みをした上で上手に活用することができれば、システムの管理や運用コストを削減することができます。
トラブルが起きてからでは遅いため、未然に防ぐ取り組みも行いましょう。”