情報漏洩の経路を知るには

どこから流出する?

どんなに情報漏洩の対策を行っていても、絶対に防げるというわけではありません。
未然に防ぐための取り組みを徹底することはもちろん大切なことですが、事件が発生した際にどのような対応を取っていくべきなのかも考えておく必要があります。
まずは、情報漏洩の経路を知っておきましょう。
発生割合が最も多いのは紙媒体です。
よくパソコンやスマホなどウェブ上で問題が発生するイメージがありますが、約70%は紙媒体からなのです。
そのため、ソフトウェアを導入して対策を徹底していても紙媒体の扱い方に問題があれば外部に機密データが漏れてしまうということになります。
なぜ、紙媒体からの流出が多いのでしょうか。
会社の規模に関わらず頻繁に利用されているため、外部に漏れる可能性も高くなるといった理由があります。
紙で持ち出せるデータ量には限りがあるため、被害も小さくおさまることが多いですが、一度でもトラブルが発生すると取引先、お客様からの信頼を一気に失うため、社内でも取り扱い方を見直すことが大切です。

被害規模が大きい記憶媒体

紙とウェブ以外の経路には、記憶媒体があります。
例えば、USBやDVD、外付けハードディスクが挙げられます。
情報漏洩対策を行う上で特に注意したい経路です。
事件の発生割合は12%と少なく見えますが、一つ一つが大容量データを保存しているため、一度でも紛失、盗難に遭うと被害も大きくなる傾向にあります。
他にはメールから流出する可能性があります。
メールを送信する際に送り先を間違ってしまったりBCCに入れて送るべきお客様のアドレスを誤ってToに入れるなどです。
誤送信を防ぐためには社内のルールを徹底する必要があります。
上司のダブルチェックを得てから送信するようにしたり、受信メールはアドレスが正しいかどうかを判断してから開封するなどです。
少し心がけるだけでリスクを下げることができます。
また、自社が徹底した取り組みを行っても取引先が対策をしていなければ、自社もトラブルに巻き込まれる可能性があるため取引先のチェック、監視も欠かせません。