企業が情報漏洩の原因に合わせて必要な3つの対策とは

それぞれに適切な方法を実施する

企業が取り組むべき情報漏洩対策には様々なものがありますが、原因にあったものを取り組むことが大切です。
情報漏洩の原因は主に3つあるため、それを知った上で適切な方法を実施してみてはいかがでしょうか。
1つは、外部からの不正アクセスです。
パソコンやタブレットなどのコンピューターを使った業務を行うことがありますが、これらが外部から不正アクセスを受けると内部に保存していたデータが盗まれたり、外部に送信されることで問題が起きることがありますが、原因の多くはセキュリティ対策ができていないことが挙げられます。
機器がインターネットにアクセスしている限り、いつどこで誰が侵入してきてもおかしくない状況であるため、怪しい通信をブロックしたり、通信記録を取る、防止システムで攻撃を防御しましょう。

管理の仕方を見直そう

2つ目はデータの持ち出しです。
従業員が社内から重要なデータを持ち出したことで情報漏洩が起きることがあります。
これは、企業内のアクセス権限がしっかり管理できていないからです。
従業員は信頼したいものですが、役職や部署ごとにアクセス権限を付与したりなど、誰でも簡単にアクセスできるようにしてはいけません。
また、ログ管理を行って履歴が残るようにすると権限を持っていない人がアクセスしようとした時に感知することができます。
3つ目は人的ミスです。
メールを間違って送ってしまったりなど操作ミスも少なくありません。
実際に、問題が発生した大部分はヒューマンエラーだとされており、システムを導入したりネットワークのセキュリティ対策を徹底したとしても人的ミスをなくさなければトラブルを未然に防ぐことはできないのです。
各自で意識するように指示をしても簡単に予防できるものではないため、組織内でルールを作っておく必要があります。
例えば、メールを送信する前は上司に確認してもらってから送るようにしたり、添付ファイルの容量を制限する、自動送受信の禁止などです。
また、研修を行って危険性を伝えることも大切です。
このように3つの原因に対してどんな方法が効果的なのかを考えた上で取り組む必要があります。