情報漏洩対策におけるログ管理とは

セキュリティを強化しよう

ログ管理という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
意味を知らなくても、耳にしたことがある人が多いでしょう。
これは、パソコンの利用状況やネットを通じた通信状況を記録して管理することです。
これまでは利用状況を把握する目的で活用されていました。
しかし、インターネットが広く普及している現在では、不正アクセスの把握や情報漏洩対策の目的もあります。
近年、企業が保持しているデータは、ほとんどデジタル化されています。
書類の場合もありますが、多くはデータ化してパソコンやサーバーに格納されているはずです。
そのため、外部に流出してはいけないデータが格納されているパソコンやサーバーをしっかりと監視しなければ、攻撃を受けたり、不正アクセスされて盗まれたりする可能性があります。
ログ管理で監視できる項目を知り、情報漏洩対策を徹底しましょう。

どんな項目が記録されるのか

監視できる項目は、利用した日にちや時間、利用者、操作したファイル、使用したアプリケーション、外部メディアの使用有無、閲覧したサイトなどが挙げられます。
非常に多くのデータが含まれているため、詳しく調べると利用者を把握するだけでなく、不正アクセスされた時の経路や時間までわかるため、流出した原因を探ることもできるのです。
情報漏洩は1度起きただけでも莫大な金額の被害が出る恐れがあります。
大切な情報を保持しているからには、最低限のセキュリティ対策が必要です。
これは企業としての責務でもあります。
規模が大きい会社ほどログの量は膨大であるため、何かトラブルが起きた時に全てを調べるとなると時間も手間もかかります。
しかし、ソフトを利用すると調査の補助をしてくれるため、スピーディーに正確に把握することが可能です。
事件を未然に防ぐことができれば、これまで築き上げてきた信頼も維持することができるため、自社は大丈夫、と安心せずに徹底してください。
ログ管理にもサーバーアクセスとクライアント操作の2つがあるため、どちらを選ぶべきか考えなければなりません。
特徴を知った上で適切な方を活用しましょう。