情報漏洩を引き起こすサイバー攻撃の手口とは

どんな方法で狙ってくるのか

サイバー攻撃という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
近年、サイバー攻撃を受けたことにより情報漏洩が発生して問題になった会社のニュースが頻繁に放送されているため、一般人でも知っている人が多いです。
大抵の企業では情報漏洩対策のために、セキュリティーを強化し、様々な取り組みを行っています。
しかし、なぜ情報漏洩が起きてしまうのでしょうか。
手口を知り、より効果的な対策を取り入れることが大切です。
手口の一つは標的型攻撃です。
これはターゲットにした企業のシステムを事前に調べて、取引先や関係者の名前を偽装して不正プログラムを添付したメールを送り、必要な情報を入手するというものです。
基本的には企業が抱えている個人情報の入手が目的であり、事前に計画を練っているため問題が発生したことに気がつくまでの時間がかかるという特徴があります。
ターゲットになる企業はセキュリティーが弱い傾向にあり、何も疑わずに受信したメールを開いてプログラムをクリックしてしまいます。
従業員にアドレスや名前を確認した上で開封するように指導する必要があるでしょう。

深刻な問題に発展する

フィッシングメールやランサムウェアにも気をつけなければなりません。
これは不特定多数をターゲットとしたものです。
パソコンなどの機器を感染させてロックし、その解除に金銭を要求するといった手口ですが、一度被害に遭うと簡単に回復させることができません。
DDoSというのも危険です。
複数のコンピューターから特定のネットワークへアクセスさせることによって、通信容量が超えてシステムダウンさせる手口です。
これまでは犯罪者が、自分の腕前を見せつけたいなどといった目的が中心でしたが、現在ではサイバー攻撃をやめることを条件に金銭を要求してくるケースが増えています。
公共団体や知名度のある会社が狙われる傾向にあるため、注意しなければなりません。
中には金銭以外が目的に狙うことがあります。
発覚が遅れると被害が拡大し、修復にも莫大なコストがかかります。
どの会社も狙われる可能性があるということを知り、対策の強化や見直しをしてみてはいかがでしょうか。”