フリーWi-Fiからの情報漏洩の危険性とは

中身が丸見え?

カフェや商業ビル、駅など街に出ると、フリーWi-Fiが使える場所がたくさんあります。
無料で無線LANが使える場所が増えると、外出先でパソコンが使える場所も広がり、隙間時間で仕事をすることや、スマホの通信料を抑えてネットを楽しむことができるといったメリットがあります。
しかし、「このWi-Fiネットワークは暗号化されていません。傍受される恐れがあります」というメッセージが表示されるフリーWi-Fiは要注意です。
これはセキュリティが十分ではなく、便利だからといって利用してしまうと、情報漏洩につながる可能性があります。
誰でもダウンロードできる無料ソフトのネットワーク監視ツールを使うと、閲覧しているwebサイトやメールサーバー、アプリなどの通信内容が丸見えになり、特別な装置やハッキングをしなくても簡単に情報漏洩が起きてしまうのです。
一般的に、この監視ツールは自社や自宅で使っているネットワークに異常や不調がないかを確認するものですが、それを悪用する人も少なくありません。
街中にはフリーWi-Fiのステッカーが貼られている飲食店や公共施設がたくさんあり、安心できるイメージがありますが被害に合わないために対策をすることが大切です。

回避する方法

街中の無線LANを使う上での情報漏洩対策の一つは、VPNを利用することです。
これは他人と繋がらずにネットワークを利用することができるもので、自動的に国内外にある他のサーバーを経由して繋いでくれます。
速度が遅くなりますが、通信速度よりもセキュリティを強化する方が大切です。
2つ目の対策は有料Wi-Fiを使うことです。
通信が暗号化されており、監視ツールを使っても中身を見られる心配がありません。
暗号化にはWEPとWPAがありますが、セキュリティレベルが高いのはWPAです。
回線速度も速く、不自由さを感じないでしょう。
3つ目はポケットWi-Fiやスマホでテザリングすることです。
安全ですが契約料金が高くなり、スマホの通信量が増えて速度制限にかかる可能性があります。
このような対策をしていれば、情報漏洩は防げることであるため、特に公衆無線LANを利用するときは注意してください。