情報漏洩対策における暗号化の仕組みとは

暗号化の仕組みを知ろう

ウェブ上で情報をやり取りすることが多いですが、機密情報や顧客情報を扱う際は、情報漏洩が発生しないようにセキュリティ対策が欠かせません。
情報漏洩対策の一つに、暗号化があります。
暗号化は、機密性や完全性を維持するためのものです。
知っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、正しい意味や仕組みを理解して暗号化を活用している人は少ないです。
暗号化の仕組みを理解した上で、情報漏洩対策に役立てることが大切です。
暗号化は、元のデータに暗号アルゴリズムという特別な処理をして、別のデータに変換する仕組みがあります。
暗号アルゴリズムには種類があり、それぞれセキュリティレベルや処理にかかる時間が異なります。
変換したデータは、別の処理を行って復号化し、元のデータに戻すことが可能です。
暗号化のポイントは、処理に使う鍵です。
同じ暗号アルゴリズムを使っても、処理に使う鍵が違うと処理の結果が異なるため注意が必要になります。
また、その鍵の管理方法にも注意が必要です。
鍵が第三者に知られてしまうと、データが読み取られてしまいます。

暗号化の種類

暗号化の種類は、共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式が一般的です。
共通鍵暗号方式は、暗号化と復号化どちらも同じ鍵を使用するもので、処理速度も高速であるという特徴があります。
しかし、データをやり取りする人が増えると鍵の数も増えます。
また、鍵を管理する際は第三者に知られないように注意が必要です。
一方、公開鍵暗号方式は暗号化と復号化それぞれ異なる鍵を使います。
暗号化には公開されている鍵を使って、復号化には秘密の鍵を使う仕組みがあるため、誰でも暗号化することができますが、復号化は受信者にしかわかりません。
処理速度は遅いですが、管理する鍵が少ないのが特徴です。
暗号化する方法は、ソフトを利用したりクラウドサービスを利用したりする2つの方法があります。
それぞれ特徴があるため、理解した上でどちらを採用するか決めましょう。
暗号化をすることで情報漏洩のリスクを軽減させることができますが、完全ではありません。
そのため、使い方に注意して利用することが求められます。”