無線LANにおける情報漏洩のリスクについて

無線LANから情報漏洩

無線LANは有線LANケーブルを使わなくてもパソコンや通信機器、プリンターが使えるため、導入している企業が多いです。
これまで有線LANケーブルが主流でしたが、事務所のレイアウトを変更するたびにケーブルも設置し直さなければならず、手間と時間がかかっていました。
無線LANがあることで、社内のどこからでもネットワークに接続することができ、今では欠かせないものとなっています。
便利な無線LANですが、情報漏洩のリスクがあるため注意が必要です。
無線LANの導入を検討している企業は、情報漏洩のリスクとセキュリティ対策について知っておきましょう。
無線LANの情報漏洩リスクの一つは、盗聴です。
第三者が通信中のデータを収集したり、解析することでパスワードやID、機密情報、顧客情報など様々な情報漏洩の問題につながるリスクがあります。
また、不正アクセスも問題視されています。
セキュリティ対策を行っていない無線LANを使うと、第三者から簡単に不正アクセスされ、情報漏洩につながってしまうのです。

無線LANのセキュリティ対策

無線LANを安全に使うためのセキュリティ対策は主に2つの方法があります。
1つは、暗号化処理機能です。
無線LANは電波を利用してデータのやりとりを行うため、第三者からの盗聴を防ぐためにデータを暗号化しましょう。
これまでWEPという方法で暗号化していましたが、この方法はセキュリティ上で欠陥があることがわかったため、現在ではWPA2が主流です。
無線LANを使用する際は、必ず暗号化してデータをやりとりすることを心がけてください。
2つ目のセキュリティ対策はMACアドレスの使用です。
企業で使っているパソコンにMACアドレスを割り当てると、それ以外のパソコンからアクセスができなくなります。
パソコンだけでなく企業内で使用するスマホやタブレット端末にもMACアドレスを割り当て、フィルタリングを行いましょう。
この2つ以外にも様々なセキュリティ対策があります。
無線LANをより快適で安全に使用するためにもリスクを理解した上でセキュリティ対策を実施することが大切です。