情報漏洩の原因に合わせた、企業が取るべき対策とは

不正アクセスの対策

どの企業も情報漏洩のリスクがあります。
情報漏洩の対策が欠かせませんが、原因に合わせた対策を行うことが大切です。
企業の情報漏洩の原因は第三者からの不正アクセス、データの持ち出し、人的ミスなどが挙げられます。
それぞれの原因に応じて対策を行うことで企業の情報漏洩のリスクを軽減させることが可能です。
第三者からの不正アクセスが原因で発生する情報漏洩は、セキュリティ対策が不十分だと言えます。
インターネットを利用している以上、いつ外部からネットワークに侵入されてもおかしくありません。
そのため、不正アクセスされる可能性があることを前提としてセキュリティ対策をする必要があります。
例えば、外部からの不要な通信をブロックしたり、通信記録を取ることができるシステムの導入です。
侵入防止システムを導入することで第三者からの攻撃に対応することができます。

内部からの情報漏洩

データの持ち出しによる情報漏洩は、企業で働く従業員がデータを持ち出すことで発生します。
この主な原因は、従業員のアクセス権限がしっかり管理されていないことです。
対策としては、従業員が誰でも簡単にアクセスができないように管理することが挙げられます。
例えば、役職や部署ごとにアクセス権限を与えたり、ログ管理を行って履歴を残すようにするとアクセス権限のない従業員がアクセスした際に感知することができるでしょう。
未然に防ぐことができるため、アクセス権限の管理は欠かせません。
人的ミスによる情報漏洩は、メールなどの操作ミスが原因で発生します。
実際に人的ミスによる情報漏洩が多発しており、システムやネットワークのセキュリティ対策をしていても人的ミスが多ければ情報漏洩は防げません。
従業員を注意したり指導するだけでは不十分であるため、組織的なルールを作り、従業員の意識を変える必要があります。
メールの誤送信も多いですが、送信前に上司など複数の人たちで確認するルールを作るとリスクを減らすことができるでしょう。
このように、情報漏洩の原因は様々であるため、それぞれの対策を万全にしておくことが大切です。