クラウドサービスによる情報漏洩のリスクとは

クラウドサービスはどんなサービス?

クラウドサービスを利用している企業も多いのではないでしょうか。
クラウドサービスは、インターネットを通してソフトウェアやデータを利用できるものです。
これまで、手元にあるパソコンなどのコンピュータにソフトウェアをインストールし、データを扱うのが主流でしたが現在では技術の発展によりインターネットを活用したサービスを採用する企業が増えてきました。
このサービスは非常に便利なもので、サーバやアプリを購入する必要がなくなり、システム管理者も不要であるためコストを削減できるといった特徴があります。
また、クラウドサービスにデータを預けていればパソコンが壊れてもデータが失われることがありません。
しかし、利用時には気をつけなければならないことがあります。
それは、情報漏洩です。
クラウドサービスの情報漏洩対策は、自社のネットワーク以上に徹底しなければなりません。

セキュリティ対策が行われているかどうか

クラウドサービスの情報漏洩リスクが高い理由は、契約したクラウドサービス事業者のサーバーにデータが保管されているからです。
その理由だけでなく、インターネットを経由しなければならないため第三者の不正アクセスが起きる恐れが常にあります。
事業者が提供するサービスによってはセキュリティ対策ができるなどのメリットがありますが、導入するクラウドサービス自体に信用がなければ、リスクを回避できません。
そのため、サービスの導入を検討している企業は情報漏洩のリスクを考慮した上で、セキュリテイ対策が十分に行われているサービスを選ぶことが大切です。
セキュリテイ対策のポイントは、通信データを暗号化することが挙げられます。
特にWi-Fiを利用すると第三者から盗聴されるリスクが高くなるため、通信データを暗号化し、第三者から内容がわからないようにしましょう。
また、別の場所へバックアップすること大切です。
トラブルが発生し、データが消失する恐れがあるため、バックアップも欠かせません。
サービスの内容やコスト面だけでなく、どのような対策が取られているのかなど対策内容を把握した上で導入を検討してください。