情報漏洩におけるサイバー保険のメリットとは

万が一に備えられるサイバー保険について

サイバー保険に加入することによって、事故が起きたときに保険金が支払われます。
受け取れる補償金がそれぞれの保険会社によって異なるものの、損害賠償金、原因調査金、謝罪広告費用、営業継続費用などが補償されます。
個人でも企業でも情報漏洩によるリスクは高くなってきているのが事実です。
自分だけではなく、取引先や業務委託先にも迷惑がかかるため、もしものときのためにサイバー保険に加入することを考えた方がよいでしょう。
しかし、海外サーバーに保存されている個人情報の漏洩や天災や労働争議が原因の場合は補償されません。
さらに、ブランドイメージを守ることもできません。
お金では補償しきれない部分もあるからこそ、サイバー保険に加入すれば何もかも万全というわけではないです。
情報漏洩のリスクに対してまずすべきはいかに情報漏洩をしないための仕組み作りをするかです。

div class=”sup_section”>

サイバー保険に加入すべき場合とは

サイバー保険に加入するかどうかはまず扱う個人情報が多い場合です。
情報漏洩したときに大ダメージが予想される場合はサイバー保険への加入をより強く考えた方がよいでしょう。
さらに、サイバー犯罪者からの攻撃によって多額のコストに不安を抱える場合も同様です。
取引先や業務委託先のセキュリティ対策が不十分である場合もサイバー保険に加入する意味は大きいです。
そして、もしものときに適切な対応を行える人材がいない場合も安心できる理由になります。
まだ起きてもいないリスクに対してコストをかけるのはもったいないと思う方もいるものの、サイバー犯罪者に攻撃されて損害が出たときに対してのかかる保険料は安いです。
まだサイバー保険は普及されているとは言い難いものの、これからさらに普及されると予想されています。
実際に被害に遭ってからどうにかしようとするのではなく、サイバー犯罪者からの攻撃を受けないための対策と攻撃に遭ったときのダメージを軽減することを考えないといけません。