信用できないサイトで会員登録したことによる情報漏えい

サイトの登録で個人情報が漏えい?

個人情報を盗み出す手口として代表的なものが、懸賞サイトやショッピングサイトを装ったものです。
高価な家電商品が無料でもらえる、市価よりも驚くほど安く購入できるなどの触れ込みで勧誘し、氏名、住所、勤務先や連絡先などの個人情報を盗み出す手口です。
個人情報を盗まれてしまうと、勝手にネットショッピングに利用されて高額な請求を受けたり、掲示板サイトなどでなりすましをされて嫌がらせを受ける被害につながります。
信用できないサイトに会員登録をしてしまうと個人情報がカンタンに流出してしまうので、会員登録はおろかアクセスもするべきではありません。

では、どうやって信用できないサイトを見分ければよいのでしょうか?
まず、特に理由もないのに市価よりも異常に安価で商品を販売している、代金の決済方法が限られており、しかも振込先が個人名になっているサイトは要注意です。
また、一度でも個人情報が盗まれてしまい、メールアドレスを知られてしまっていたらメールには要注意。
メールに添付されているリンクからアクセスすると、本物そっくりの偽サイトにジャンプしてしまい、クレジットカードの番号や暗証番号の情報を盗まれる危険があります。
メールに添付されたリンクからではなく、正規のサイトから検索すれば本物か偽物か区別できるでしょう。

本当に怖いのは『不正アクセス』

信用できないサイトに会員登録することで考えられる最大の被害は不正アクセスです。
もし仕事の休憩時間などに会社のパソコンを使って信用できないサイトに会員登録していたら大変です。
パソコンには、ブラウザ上で入力したIDやパスワードなどの設定を保存する『cookie(クッキー)』や、以前訪れたことがあるサイトのIDやパスワード入力を省略するためにブラウザに自動保存する『オートコンプリート』などの機能があります。
これらの機能を利用されてしまうと、外部から会社のパソコンへのログインを許してしまい、不正アクセスを受ける原因になります。
会社のパソコンには顧客や取引先などの重要な情報が保存されているので、これらの情報が漏えいすれば会社の信用を失うどころか多額の賠償責任を負うことになり、自分自身は失職する事態にもなりかねません。
信用できないサイトには会員登録しない、アクセスしないことを徹底して、情報漏えいを防ぎましょう。