不正ログインに備えて情報漏洩を防ぐ

不正ログイン対策は必須

情報漏洩を防ぐためには様々な策を講じる必要があります。
不正ログインをされてしまい、結果的にそこに保存していた各種データが盗み取られて(情報漏洩)世に出てしまう、という例は枚挙に暇がありません。
ログイン情報(ログインの際に地用するIDやパスワードなど)が流出すると、不正ログインされる確率は高まります。
ではログイン情報が流出していないと安心なのか?というとそうではなく、IDやパスワードを推測して手あたり次第入力して不正ログインをするケースもあるでしょう。
メールアドレスをIDとして使用していることも多いですし、IDは非常に予測しやすいです。
パスワードについてはIDほど簡単にバレることはありませんが、今は不正ログイン用のアプリケーションも開発されているので、総当たりされてしまうと太刀打ちできません。
確かにパスワードを難解で予測されにくいものに設定することでリスクは大幅に減らすことはできますが、完全に不正ログインによる情報漏洩を防げるわけではありません。

不正ログインを防ぐためにできること

不正ログインをされて、情報漏洩が発生すると想像できないほど甚大な被害が発生することもあります。
情報漏洩を阻止すべく対策していう人もいますが、中には難しい方法もあり、素人レベルでは対策できないような方法もあります。
ログイン情報の徹底管理くらいであればできるでしょうが、それ以上の対策はなかなか講じにくいのが現状です。
例えばログイン情報が記録されているパソコンからポケットWi-Fiやスマホのテザリングでログイン情報を持ち出される可能性もあり、それによって不正ログインされることもあるでしょう。
それらを防ぐためにはマイウォッチャー ファイルズを用いるのも有効な方法ではないでしょうか。
これだと端末へのログイン履歴やアクセスログや操作履歴なども確認できるので、不正ログインに繋がる芽を早めに摘むことができます。