不用意なアプリ登録による情報漏洩の危険

スマートフォンのアプリには要注意

スマートフォンのシェアはますます拡大の一途をたどっており、若年層を中心にかなりの普及を見せています。
一般的な携帯電話(フィーチャーフォン)とスマートフォンの大きな違いと言えば、やはりアプリの存在でしょう。
各種アプリは仕事や遊びに大きなメリットをもたらしてくれ、アプリの活用なくしてスマホの活用はあり得ないとまで言えそうです。
しかし、そんなアプリを好き勝手インストールすることはちょっと待った方がよさそうです。
アプリの中にはインストールされている端末の情報を入手し、それを外部に発信してしまうものもあります。
これまではスパイウェアという名前で主にパソコンを対象としたものが多かったのですが、近年ではスマホを対象としたものも多く出てきているのです。
そうしたアプリの中には、連絡先やアクセスするページ、入力した文字などをユーザーに隠れて送信するものもあり、インストールしてしまったら、その挙動から判断することはほぼ不可能に近いといえるでしょう。

情報漏洩を防止するためには?

そんなアプリのインストールを防ぎ、情報漏洩を防止するためにはどうしたらいいのでしょうか。
原則として、出元が明らかではないアプリは容易にインストールしないことが重要です。
情報漏洩の危険性があるアプリの情報などは、インターネットなどでまとめられていることがあります。
これからインストールしようとするアプリが、そういった情報漏洩アプリに該当しないかどうか、その点を確認することもとても重要でしょう。
また、自分のスマホの設定も確認することが必須です。
設定によって、個別のアプリに情報のアクセス権限や通知許可を設定することができます。
特にGPS情報などは、通知許可にすることによって便利なアプリも多いのですが、位置情報もれっきとした個人情報です。
情報漏洩に気を付けて、楽しいスマホライフを楽しみたいものです。