テザリングによる情報持ち出しリスク

テザリングによる脅威(情報漏洩)について

インターネットを楽しむためにはケーブルを端末に接続する…という時代はもはや時代遅れでもあります。
外出先などでは手持ちのスマートフォンを使ってテザリング接続をする例も後を絶ちません。
テザリングによるインターネット接続はとても便利で素晴らしいものなのですが、それがもたらす悪影響もあります。
企業などが扱っている機密情報は持ち出し禁止のケースも非常に多いです。
USBメモリやその他の一部記憶媒体についてはパソコン側が受け入れを拒否する設定が為されているケースもありますが、テザリングやWi-Fiなどを利用した場合、特に問題なく社内の重要データの持ち出しが可能になるでしょう。
これは企業にとってはとても危惧すべき事態で、最悪の場合情報漏洩したものが出回ったり、売買されてしまいます。
そうなると損害賠償請求を起こされる可能性もあり、企業の社会的信用度が落ちてしまうでしょう。
こういった情報漏洩を防ぐためにも、テザリングやWi-Fiによる持ち出しを制御できる環境を整えるべきです。

テザリングによる情報漏洩を制御する

機密レベルの情報というのはどの企業にもあることでしょう。
持ち出しされないような設定を施している企業もありますが、外部から持ち込んだスマートフォンのテザリングやWi-Fi機器のネット回線までは制御できないことが多いです。
しかしそれでは面倒な事態になってしまうことは目に見えていますので、マイウォッチャー ファイルズでこれらについても制御して持ち出しできないようにするのが理想です。
マイウォッチャー ファイルズですと導入費用もそれほど高くなく、30万円ほどとなっているので、低価格で高セキュリティ状態を作り出すことができるでしょう。
情報漏洩に気を付けている企業であっても、社員のスマートフォンのテザリング機能によって持ち出されている可能性がある、と考えているところは少ないです。