情報漏洩の原因はWi-Fi!携帯会社のWi-Fiスポットでも注意

便利なWi-Fiフリースポットに潜む恐怖

外出先で動画など大量のデータ通信を行ってしまい、携帯電話会社に速度制限をかけられてしまう、タブレット端末やノートパソコンなどを外出先で使わないといけなくなった。
そんなとき、街中にあふれている鍵ナシのWi-Fiスポットは、無料で登録不要で使用できるため、非常に便利です。
コンビニや人の集まるところに多く設置されているため、気軽に利用できるでしょう。
そんなWi-Fiフリースポットは便利な反面、セキュリティという面ではいくつかの問題も発生しています。
なぜならば、鍵ナシのアクセスポイントにアクセスしてしまった場合、自分の端末でやり取りしているデータが第三者に筒抜けになってしまう場合もあるのです。
ひどい場合には銀行口座やクレジットカードのパスワードなどの個人情報や、あるいは業務上の機密が情報漏洩してしまうこともあります。
個人が多くの情報を所持するようになった現代、こうした悪意あるネット攻撃による情報漏洩はますます深刻な問題となっているのです。

情報漏洩対策を万全にするためには

では、情報漏洩を防止するためにはどうしたらいいのでしょうか。
まず原則として、鍵がかかっていない無料のWi-Fiスポットにはなるべく接続しないことです。
スマートフォンの設定によっては、自動的に接続可能なWi-Fiスポットにアクセスしてしまうものもあります。
そうしたことがないよう自分のスマホの設定を見直してみてください。
また、鍵ナシのWi-Fiスポットであっても、携帯電話会社が公式で設置しているアクセスポイントは、比較的情報漏洩のリスクは低いと考えられます。
しかし管理者が携帯電話会社などちゃんとしているところであったとしても、第三者がそれを傍受することは技術的には決して不可能ではありません。
やはり出先で機密情報を通信するのは最小限にとどめ、可能な限りそうしたやり取りは控えた方がよさそうです。